「上場企業の銀行」の「営業職」に関する仕事内容・給料レポート

東証一部上場企業の銀行で働く、新卒で入社した女性の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。 今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

東証一部上場企業の銀行で働く、新卒で入社した女性の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、日商簿記検定2級とFP2級の資格を持っているそうです。

「上場企業の銀行の営業職」を目指した理由

経営学部出身なので元々金融業界には興味がありました。

証券、保険、損保など他の金融関係の会社を見て回る中で、お客様にとって一番身近な存在である銀行業界を目指しました。

「上場企業の銀行の営業職」の仕事内容について

1年目は主に、窓口での銀行業務を覚えることからスタートします。ハイカウンターで大まかな預金、為替、ATMまたは出納でのお金の流れなど銀行の基本を覚える期間です。

2年目になると徐々に担当先を持ちます。私は個人営業担当なので、銀行に預金をお持ちのお客様への営業活動を行います。よく「銀行だと預金を集めるの?」と聞かれますが、超低金利時代ということもあり基本的にお客様へアプローチするのは所謂「運用商品」です。運用商品とは主に投信や保険商品の事を指し、業務内容から見れば証券会社の方によく似ています。

ですので、日経新聞の読み込みや株と為替の動向、その他の経済情勢についての勉強は必須です。土日にも経済や新商品の勉強会があるので積極的に参加しなければいけません。

また当然ですが個人の獲得目標があり、それの達成に向けて日々の業務に取り組んでいきます。基本的にはテレアポを行い、電話が繋がらないお客様には手紙を書くとこもあります。担当先のお宅へ伺い、商品のセールスや契約、アフターフォローなどを行います。

「上場企業の銀行の営業職」の1日の仕事の流れ

7時:自宅を出て電車で通勤
8時:銀行到着しメールチェック、外為・外国株式の確認、今日のアポイント先の確認
8時40分:朝礼、日経新聞の確認
9時:店舗開店
9時10分:お客様へのテレアポ
10時:アポイント先へ訪問しアフターフォローと新商品の案内、担当先へのあいさつ、キャンペーンなどがあれば合わせて案内する
11時50分:帰店
12時:預かってきた書類の整理や手続き、上司への進捗報告
12時30分:お昼休憩
13時20分:店舗にお得意様が来店され、投信の相談、アフターフォローを行いつつ買い替えの提案を行う
14時30分:店頭の混雑具合を確認して、混雑しているようなら窓口の援助も行う
15時:閉店 集計の合致確認
15時30分:今日一日の活動報告とお客様の情報を打ち込む
16時30分:明日の活動先の考えとテレアポ 目標数字にどれだけ乖離があるのか確認し、それを達成できるよう先を考える
17時30分:上司への報告と相談
18時30分:退行

「上場企業の銀行の営業職」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、初任給は月収20万円程(残業代別)で、ボーナスは60万円でした。ちなみに、年収は360万円ほどでした。年齢と資格、役職が上がれば給与も上がる仕組みなので、30歳で月収が35万円で、ボーナスが170万円で、年収が590万円ほどだと思います。

残業は現在厳しくなり、大分減りましたが大体一日1時間~2時間はあると思います。

有給は年三回の計画休暇(1日)と連休(連続7日間)と夏季休暇、冬休暇(ともに1日)があり、この三つは絶対に取得できますが、それ以外の有給は理由が無いと難しいです。

この仕事で、働いているときに困ったこと

まだまだ古い体質がある業界なので男女差別は割と受ける機会が多いです。特に法人先への外回りを女性が担当していると、女性だからという理由で話を聞いて貰えなかったり、社長から担当を変えるよう言われることもあります。

あと、男女の比率も半々ほどですが部署ごとに暗黙の了解で「男の部署」、「女の部署」に分かれている場合があるので、女性が多い担当部署に配属された場合は、女性特有の人間関係の大変さはあるかと思います。

この仕事や職場でよかったこと

福利厚生は恵まれていると思います。全国にある会員制のホテルへ格安で泊まれたり、配偶者の人間ドックも無料で受けることが出来ます。

またもし万が一の不幸ごとで家族を残して本人が亡くなった場合にも銀行から一時金で300万円、末子が18歳になるまで毎月5万円ほど貰うことが出来るのでお守り代わりになるかと思います。

後は家の購入時等、何かと社会的信用が必要な場面でその信用度の高さが伺えます。硬い仕事と言われるように、比較的安定しているところが恵まれている点です。

「上場企業の銀行の営業職」の仕事エピソード

感動したことと言えば、やはりお客様からのお役に立てた時でしょうか。使い道のない預金を相続対策や節税対策でお客様からお礼を言われると、この仕事をしていて良かったなと感じます。

新人時代は色々と迷惑を掛けたり、失敗ばかりしていました。一番大変だったのは新入行員時代に、高い利率の定期をお客様に確認を取らずに解約してしまい、後日お客様から解約を取り消すよう言われたことです。

解約した資金を他の商品購入へ充てていたこともあり、先輩から支店長、本部に至るまで多大な迷惑をかけてしまいました。そこからはお客様からの要望だとしても、一度立ち止まって確認を怠らないように気を付けるよう徹底していました。

「上場企業の銀行の営業職」の職場恋愛について

職場恋愛はとても多いです。私自身も主人とは職場恋愛で結婚しました。特に同期との繋がりは入行前からBBQや飲み会等があるので、同期同士での恋愛、結婚が多いように感じます。

職場以外ですと、学生時代から付き合っていて結婚する方や、友人の紹介や合コンで出会われて結婚される方も多いです。

また得意先のお客様に気に入られ、お客様本人やお客様のお孫さん、娘さん、息子さん、またはその会社の従業員を紹介されて結婚に至る方もいます。

まとめ ー「上場企業の銀行の営業職」を目指す方へメッセージ

厳しい業界ではありますが、その分やりがいはあると思います。就活頑張って下さい。

本記事は、2019年1月30日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG