「上場企業の保険会社」の「営業職」に関する仕事内容・給料レポート

東証一部上場企業の保険会社で働く、中途入社した女性の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。 今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

東証一部上場企業の保険会社で働く、中途入社した女性の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、FP3級の資格を持っているそうです。

「上場企業の保険会社の営業職」を目指した理由

始めは知人に誘われて入社を検討しました。

前職も同じ職種だったのですが、今の会社の方が福利厚生やキャリアアップを中途入社でも充分に目指せる所がよかったので決めました。

「上場企業の保険会社の営業職」の仕事内容について

保険の営業職なので、主にお客さまへの保険商品の提案やアフターフォローとして、入院や亡くなられた際の給付金の手続きなどを行います。

特に契約を頂いたお客さまへのアフターフォローはしっかりとしておく必要があり、その後のご家族へ向けた商品のご紹介の提案をしたり、契約者さまからの知人の紹介を受け顧客の展開を拡大して行き、自分のお客さまをいかに沢山増やしていくかが重要になります。

お客さまとのアポ取りもしっかりと行い十分な時間を確保して頂くことにより、契約をして頂ける可能性が非常に高くなります。その際にご契約頂く商品以外の商品のご検討をして頂けるよう次回のアポを取り、それを繰り返し行い、保険といったら自分の名前を思い出して頂けるようなフォローが必要になります。

基本的にみなし労働になるので、土日祝日のお休みは関係なくお客さまのご都合に合わせて自宅や会社へお伺いする形になります。

毎日の時間を大切に効率よく活動出来るかがとても重要なお仕事になると思います。

「上場企業の保険会社の営業職」の1日の仕事の流れ

7時15分 自宅を出て、バスと電車で通勤
9時頃 オフィス到着
9時15分~10時頃 朝礼
※営業職の私はその日の活動するための書類や端末を準備してアポのあるお客さまの元へ向かいます。アポのない時間帯には近くの戸建てやアパートなどへ飛び込み営業をして、うちの会社とのお付き合いがあるか?アンケートをもらって次回ご提案のアポ取りが出来るように話を進めていきます。

就業時間は職員ごとにまちまちですが、基本17時過ぎにオフィスへ戻り、本日の書類整理や翌日活動するための書類の整理などを行い、オフィス長に1日の流れを報告し、翌日の活動へ向けたアドバイスなどをいただき退社をする形になります。

「上場企業の保険会社の営業職」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、初年度はある程度の保障はされているお給料がありますが、およそ25万円(みなし労働)でした。ボーナスに関しては出来高次第とお客さまの契約継続率やお客さまの件数にて変動しますので10万ほどでした。

有給休暇は非常に取りやすく子供の急な熱などでもすぐに帰宅をさせてくれたり、休暇を取らせてもらえたりするところがとても助かっています。

この仕事で、働いているときに困ったこと

アポのない時間帯に飛び込み営業をする際、あからさまに嫌な顔をされてしまう事もありますが、当社の商品の良さを知ってもらうために何とか笑顔でやり過ごしていました。

気になった事は自分の担当地区の中でも他の営業職員のお客さまの所へは行かないで欲しいなどと言われた事が残念でした。契約をとるとらないではなく、会社はフォローもしますよというのだけでも伝えたかったなという気持ちがありました。

雨の日は書類が濡れないように、お客さまのお宅へ上がらせて頂く際に濡れてしまい困る事もありました。

この仕事や職場でよかったこと

日経ウーマンにて女性の働きやすい会社1位を取った事があるくらいなので、子育てをしながらでも仕事と家事育児の両立が図れる所がとても助かっています。

福利厚生の部分でも保育園代を2割まで負担してくれます。また、自分が病院へかかった時は最大1月3万までの上限で診てもらえるというのも大きいと思います。

厚生年金も勤続20年経ち定年を迎えると終身年金の約束がされていたり、退職金も自分が今まで頑張った分だけもらえるというのが有難いと思います。

「上場企業の保険会社の営業職」の仕事エピソード

この仕事で感動したことは、やはりあなたに説明提案してもらって良かった、これからもよろしくねと声を頂けるのが一番嬉しいです。

失敗してしまった出来事は保険の設計書を忘れてしまったり打ち間違えてしまったものを持ち出していたりして、お客さまへ2度貴重なお時間を頂かなくてはならなくなってしまったりしたのが申し訳ない気持ちになりました。

大変だった事はあと1件の契約でお給料のステージが上がる所で締切日に間に合わず悔しい思いをしてしまった事です。

出勤から退勤するまでとにかく何人のお客さまと会えるのかが重要だと思いました。

「上場企業の保険会社の営業職」の職場恋愛について

職場恋愛は特に聞いた事がないです。

家庭持ちの方が多いのと金融機関になるので常識の転勤も多いですし、営業職員は女性ばかりなので特別そのようなお話はないかと思います。

他社では同じ部署同士でご結婚されている方とかいらっしゃいましたが、今の会社はその点かなりコンプラでも厳しく取り扱っているのでありえないかと思います。

どちらかと言えば職場内というよりはお客さまとの付き合いが大切なので色々なお誘いなどが多い業種かもしれません。

まとめ ー「上場企業の保険会社」を目指す方へメッセージ

保険会社は厳しいですが、その分自分の稼ぎたい分だけ稼げる仕事だと思います! 入社される際に雰囲気も独特ですが会社を信じて頑張ってください。

本記事は、2019年2月14日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG