公務員になるための情報サイト

「介護施設」の「薬剤師」に関する仕事内容・給料レポート

「介護施設」で非常勤職員として配役業務に携わる、女性の「薬剤師」によるキャリア体験談レポートです。

今回は、その薬剤師の仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

2018年12月17日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
「薬剤師」を目指した理由
「薬剤師」の仕事内容について
「薬剤師」の1日の仕事の流れ
「薬剤師」の給料・残業・有給休暇について
この仕事で、働いているときに困ったこと
この仕事や職場でよかったこと
「薬剤師」の仕事エピソード
「薬剤師」の職場恋愛について
まとめ ー「薬剤師」を目指す方へメッセージ
「介護施設」の「薬剤師」に関する仕事内容・給料レポート

はじめに

介護施設で非常勤職員として配薬業務に携わっていた、女性の「薬剤師」によるキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、介護福祉士の資格を持っているそうです。

「薬剤師」を目指した理由

介護福祉士をしており、薬に対しての知識、効能、作用などを学びたかったからです。

また、介護施設で医療的知識の低い介護士では、薬の扱いにリスクが伴うと思ったからです。

「薬剤師」の仕事内容について

基本的には、訪問看護やその施設の往診医の指示により処方箋の扱いを私はやっておりました。

薬の小分け、薬剤情報の記載、確認、そして施設に届けるまでを他メンバーと協力して行います。時には医師と連携を図り、薬に対しての強弱を考えたりもします。

施設では介護職員や管理者と連携を取り、薬の提供、説明を行います。

薬局自体は19時までですが施設の状態に応じて時間外勤務で届ける時もありました。施設へ届け、各ボックスに薬を入れるまでが業務で、ご高齢の方がたくさんおり、似たお名前の方がいるときは慎重に配らせてもらいました。

もちろん普通に処方箋をもらいに来るお客様もいらっしゃいますので、おひとりおひとりの状態に応じた薬剤の提供を行い、時には、心身状態のお声掛けをさせていただいておりました。

またTELでお薬のことを聞いてくる方がいますが、そういう方の対応もしっかりとさせていただきます。

また薬提供以外に在庫確認や掃除なども行います。基本使い捨てが多いのですが洗浄するものはしっかり消毒も行います。

「薬剤師」の1日の仕事の流れ

薬局自体は9時~19時で、私は非常勤でありながらも介護経験がありましたので、いつでも施設に薬を届けられるよう8時に出勤していました。

8:00 出社 
※屋内外の掃除、郵便物の確認、前日の記録の確認、欠品・在庫管理、本日の予定確認
8:55 朝礼(本日の確認と役割分担)
※その後ご来店される方の薬剤の管理、提供、説明を行います。
施設で薬が必要な方は基本FAXで送られ、緊急時はTELで対応します。その後薬を揃え届けます。
13:00 基本休憩(ローテーションで休憩)
14:00-19:00 上記の作業を繰り返し勤務します。
18:00ごろから 片付けや明日の準備
19:00 退社

「薬剤師」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は30万円(残業代20時間込)で、手取りは24万円ほどでした。非常勤なので賞与などはありませんでした。

有給休暇はとりやすく、休みたい日にだいたい休めていました。また、女性のための生理休暇や育休もあるそうですが私は使ったことがないです。

退職金はでませんが、働きやすかったです。

この仕事で、働いているときに困ったこと

はじめは薬の知識があっても扱うことができず、利用されている方の薬と症状を調べて、こうだから、この薬を服用していて、この薬とこの薬は合わせてはいけないなど、複雑で分かりませんでした。

また最近では包装されているものが多いですが、一時期、こちらで仕分けをしなくてはいけない時期があり、数と薬名と飲むタイミングを分ける作業がつらかったです。

それから施設の薬は基本飲まなくなると回収しに伺いますが、回収する薬がないことがあり気になります。うまく医療と施設と連携をとりたいですね。

この仕事や職場でよかったこと

特に、スタッフがとても優しく丁寧に教えてくれたことです。

薬剤師となり、働き始めた施設にうかがうとき、働いたことのある施設が担当になったときは、介護士の知識もいかせられ恵まれていると感じました。

残業は月に何時間かついてしまいますが、ボーナスがない分パートタイムの表彰のようなものがあり信頼度などが高まってきます。ときには、会社から贈答品もいただき、やっててよかったなと思いますし、ボーナスが違う形でもらえるのはうれしいです。

「薬剤師」の仕事エピソード

薬の配薬ミスがあり個人に連絡し届けに行ったり、上司に何度教えてもらっても薬の扱いのミスを起こすなど、自信が持てなくなった時があります。考えれば考えるほど難しく、確認作業は徹底して行いました。

それから苦手だったのは7種類ほどのお薬と、頓服を3か月分ほしいという方がいらっしゃたときは、薬の管理が難しい方でかなり時間がかかり、曜日の記入も手書きで行ったのでかなり大変でした。その際、お客様を待たせてしまうのですが、その方は「いつも悪いね、ありがとう」と毎回にこにこして帰っていきます。

そこまでやるのは薬剤師の役目ではありませんが、やはり薬を提供するからには個人でしっかり管理してもらうことも、こちらで工夫することが大事なのかなって思い、やらせてもらっていました。

「薬剤師」の職場恋愛について

一日4名のスタッフがシフト制でいますが、若い方は少なく、30代から40代が多いです。

主婦が多く、職場恋愛は少ないかなって気がします。みなさん、フレンドリーで年が近い異性などいなくて、恋愛対象にはならないかなと思います。

施設の行き来があるので、そこにいくと時々よさそうな方とかはいますが、出会いは聞いたことがなく、あまり介護士と交流することもないですね。

大きな病院でしたらあると思いますが、薬局は小さいので少ない気がします。

まとめ ー「薬剤師」を目指す方へメッセージ

薬剤師はとても大変な仕事ですが、薬剤師問わず、人の命を扱う仕事は本当に責任が必要です。

がんばってください。

この記事に関連するキーワード

薬剤師に関するおすすめ記事

地方公務員に関する新着記事

ページトップ