「保険会社」の女性メインの「営業部署」に関する仕事内容・給料レポート

金融業界の保険会社で働く、女性で新卒入社の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。 今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

金融業界の保険会社で働く、女性で新卒入社の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。

「保険会社の営業職」を目指した理由

女性が働きやすい環境(産休・育休制度、女性の管理職率)が整っていて、自分の目指していた会社に合っていたからです。

職員の方の雰囲気も良く、活き活きと働かれていました。

「保険会社の営業職」の仕事内容について

主な仕事内容は、地域営業職のお仕事でした。地域営業職のなかにも、大きく分けて、2つの営業先に分類されていました。

1つはお昼休みや終業後に会社に訪問し、そこで働いているお客様に向けて保険をお勧めしていました。ほとんどが保険に未加入か、別の保険会社ですでに加入されている方で、アンケート取得後は、新しく加入していただくか、他社から乗り換えていただくお話をしていました。予め営業の許可をいただき、新しく自分の営業先を増やすのもお仕事の1つでもありました。

もう1つは個人のお客様の元へ訪問する方法です。元々、弊社にご加入されているお客様へのアフターフォローを兼ねて、新しい商品のお勧めや、お見直しなどをしていました。

他には、公式ホームページや保険雑誌などを通して資料請求をされることがあり、その方の元へ電話訪問をして、ご契約いただく方法もあります。

つまり、外に出てお客様を見つける営業職の面と、既契約のお客様のアフターフォローを行う事務職の面の両方を備えた仕事内容でした。

「保険会社の営業職」の1日の仕事の流れ

8時30分:自宅を出て、電車で通勤
9時:会社に到着
9時30分:始業 朝礼開始
※お昼から元気に営業に行けるように、会社独自の体操を毎朝します。その日の連絡事項や、自社・他社共に新しい商品などが出ればプチ勉強会も朝のうちに行っていました。
11時:営業準備開始
11時30分:営業先へ出発 午後は会社への営業が主です。
12時:午後の営業開始
13時:午後の営業終了
13時30分:自社に戻りお昼ご飯
※昼休憩の時間は決まっておらず、各々で各自自由に休憩を取っていました。
14時~16時:個人宅訪問やアポ取り等
※その日によって内容が異なっていて、個人のお客様への訪問予定があれば、準備をして時間になると出発します。また、訪問予定がなければ、電話でのアポ取りをしていました。上司への報告や、連絡・相談などもこの時間によく行っています。
16時:夕方の営業準備、出発
17時:夕方営業開始
※終了時間はその日によって異なります。一応の終業時間は17時30分です。
上司に日報の連絡をして、その日の業務は終了です。

「保険会社の営業職」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は19万円(残業代込)で、ボーナスは個人の実力次第で大きく変わり、1年目の夏が3万円、冬が5万円、2年目の夏も5万円、冬が8万円、3年目の夏が8万円でした。ちなみに、年収は200万円~270万円でした。

残業は、夕方の訪問予定により、あったりなかったりでした。また、残業代として予め毎月3万円支給されていました。

有給休暇は3ヶ月に一度必ず取らないといけないとのことで、強制で休みを取っていました。

この仕事で、働いているときに困ったこと

「ノルマ」とは表現していませんでしたが、実質毎月ここまでやるべき、というのが暗黙の了解で定められていて、その目標が辛かったです。上司からの責めや、同じチームで働いている先輩や同僚に申し訳なくなることが多々ありました。

本当に間に合わなくなった時は21時くらいまでアポ取りで会社に残って電話をしている人もいました。

他には事前投資が多いことです。報われるかどうかわからないことにお金をかける場面が多かったと思います。もちろん会社から支給されることもありますが、お客様への手土産代、訪問時のコーヒー代などはほとんど自腹でした。

この仕事や職場でよかったこと

同じチームとして働いていた上司、先輩、同僚に恵まれていました。それは、他のチームからも羨ましがられる程でした。

特に室長と呼ばれる1番偉い男性の方は、私達職員の事を本当に良く考えてくださっていて、どうすれば成績が良くなるのか、今行き詰まっていることはないか、それに対する解決策など色々とお話してくれました。一見近寄りがたい役職の方ですが、コミュニケーションが取りやすく、とても働きやすかったです。

女性の多い職場だったので、入社前はとても不安でしたが、先輩も同僚も気さくで優しい方が多く、楽しく働くことができました。

「保険会社の営業職」の仕事エピソード

感動したことは、お客様からごくたまに嬉しいお言葉をいただいたりしたことです。

保険は良し悪しが分かりにくく、本当に必要になる時以外はありがたさを感じにくいですが、いざ必要となった時に、「あの時勧めてくれてありがとう、この保険に入っていて良かった、助かった」と言っていただけたことがありました。

また、保険商品もさることながら、「あなただから加入した」と言ってもらえた時も嬉しくて、やって良かったと思えました。

大変だったことは、仕事を覚えるまでは、専門用語や国の制度などが理解できず、せっかくお時間をいただいたのに上手く説明が出来なかった時期です。

退職の事情や理由について

結婚を機に退職しました。

「保険会社の営業職」の職場恋愛について

女性がメインの職場で、会社の同じ部屋、フロアにはほぼ女性しかいなかったので、社内での結婚や恋愛はあまりなかったと思います。

入社前から知り合った人との恋愛が多いイメージです。ごくたまに、お客様とお付き合いされている同期や先輩のお話を聞いたことがあります。

他には、飲み会やコンパなどで出会った方というお話もありました。

私の所属している所では、以前からの知り合いで、会社とはまったく関係のない方とお付き合いし、結婚に至っている方がほとんどでした。

まとめ ー「保険会社の営業職」を目指す方へメッセージ

大変なことが多いですが、その分感動の大きいお仕事です。

本記事は、2019年1月28日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG