「保険会社」に中途入社した「キャリア営業職」の仕事内容・給料レポート

金融業界の保険会社で働く、女性で中途入社の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。 今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

金融業界の保険会社で働く、女性で中途入社の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、損害保険募集人資格を持っているそうです。

「保険会社の営業職(中途)」を目指した理由

元々、保険の問い合わせ窓口で勤務をしていました。コールセンター業務で日々かかってくる電話に対応するという業務に携わる中、変化を求めていました。

その為次は営業職で保険を販売する仕事をしたいと志し目指しました。

「保険会社の営業職(中途)」の仕事内容について

医療保険のセールスマンの仕事内容は、主に電話で保険を販売する仕事です。

日々電話をかけるリストがまわってきます。

既に契約を持っているお客様へ契約内容の確認を兼ねてお電話をします。同時に現況確認として、ケガ病気はしていないかなどを確認します。その際に今の不安を聞き出し、現在持っている保険の足りない部分を説明します。

新たに補足出来る商品の内容をいくつかお伝えします。興味をお持ちいただけたお客様には見積もりをして反応を伺います。

お客様の希望に合うまで何度も見積もりをして納得して頂いて、契約希望の場合は電話で重要事項説明書を説明します。その後契約書の書き方を説明します。契約書がお客様から返送されてきて確認します。不備があればその箇所を再度お電話をしてお伝えします。

不備が解消出来れば、契約完了です。契約のお礼の電話をお掛けし、ほかに保険で困っている方がいたら紹介して下さいとお伝えします。

これで一連の流れは終了です。

「保険会社の営業職(中途)」の1日の仕事の流れ

8時:自宅を出て、電車で通勤する
8時50分:朝礼
9時:業務開始 お客様へ電話をかける
※お電話が繋がったお客様には契約内容をお伝えして、現況を確認して、保障の足りない内容をお伝えして上乗せ提案をします。それに対して興味をお持ちのお客様であればパンフレットをお送りします。
11時:アポのお客様へ電話をかける
※契約を検討されていたお客様に返事を伺い、契約希望であれば重要事項説明書を読み上げて、質問等に答えて、お客様の不安を解消させます。そのうえで、契約書の書き方を説明して、契約書を返送するようにお伝えします。
12時:お昼休憩 (70分)
13時:新しい保険商品の研修
14時:お客様へ電話をかけ現況確認をし、パンフレットを送付しアポ取り
15時:アポのお客様へ連絡し、パンフレットの説明 次回のアポ取り
16時:お客様へ電話をかけてアポ取り
17時:アポのお客様へ連絡をし、パンフレットの説明
17時30分:自分の電話応対が録音されている音声を聞いて、改善点を探る
18時:退社

「保険会社の営業職(中途)」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は20万円(残業代は別)で、ボーナスはありませんでした。そのかわりに、インセンティブが売上によって上乗せされて、年収は250万円でした。

残業はなく、有給休暇は比較的とりやすかったです。有給休暇の他リフレッシュ休暇もあり5日連続休暇をもらえます。

この仕事で、働いているときに困ったこと

働いているときに困ったことはノルマがあったことです。ノルマを毎日達成するにはどうしたら良いのかという事を、上司とマンツーマンで話をします。

売上が日々の進捗に乗っているときは、苦痛ではないのですが、売上がなかなか伸び悩んでいる時は、自分でもなぜ売上が伸びないのか分からなくなっている事が多かったので、この面談の時間がとても苦痛でした。

自分の売上の進捗によって精神的な負担がとても多かった様に感じます。

この仕事や職場でよかったこと

恵まれていた点は人間関係が良好だったことです。

仕事自体は精神的にも負担が大きかったのですが、同期が沢山いたのでみんなで辛い時は支え合いながら乗り越えることが出来ました。

また、福利厚生もとても充実していました。有給休暇だけでなく、リフレッシュ休暇で最大9連休を1年に一回取れるので仕事とプライベートを両立することが出来ました。

その他にはインセンティブの幅が大きく、頑張れば頑張るほど収入に繋がるシステムだったので頑張り甲斐がありました。

「保険会社の営業職(中途)」の仕事エピソード

保険販売したお客様が大病を患い、保険金請求の電話をかけて来られた際に、とても感謝され、決して安い保険料ではありませんがしっかり保険金も受け取れたのでとても良かった、と言って頂けたことです。電話口ながら、しっかりと人の役に立っているのだと感じた時この仕事をやっていて良かったなと感動しました。

電話で保険を販売する仕事は断られることが多く、自分でもこの仕事は悪い事なのかと疑問に思うこともあります。しかし沢山説明をして納得頂くまでに長い時間を要することも多いですが、病気などをされ役に立てたときに、その苦労が報われます。

退職の事情や理由について

更に営業職を極めるために不動産業へ転職しました。

「保険会社の営業職(中途)」の職場恋愛について

職場恋愛や結婚はとても多かったです。社員が多いこともその要因だと思います。職場ではチーム制になっており、何度もチームが変わるので仲良くなる機会が多かったと思います。

また飲み会なども多く年齢層も若いので、距離が縮まる環境にありました。また、残業も少ないためプライベートを充実することが可能でした。

その為、職場以外では合コンなどに行く時間もあり他業種の方と出会う機会も多かったです。そこで知り合った方とお付き合いをし、結婚に繋がりました。

まとめ ー「保険会社の営業職」を目指す方へメッセージ

保険業は困ったとき人の役に立てる仕事なのでやり甲斐のあるお仕事です。

本記事は、2019年1月28日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG