公務員になるための情報サイト

地域に根づいた「調剤薬局」で働く「薬剤師」の仕事内容・年収レポート

地域に根づいた調剤薬局で常勤の正規雇用者として働く、女性の「薬剤師」によるキャリア体験談レポートです。

今回は、その薬剤師の仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

2018年11月06日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
「薬剤師」を目指した理由
「地域に根づいた調剤薬局で働く薬剤師」の仕事内容について
「地域に根づいた調剤薬局で働く薬剤師」の1日の仕事の流れ
この仕事の給料・残業・有給休暇について
この仕事で、働いているときに困ったこと
この仕事や職場でよかったこと
「地域に根づいた調剤薬局で働く薬剤師」の仕事エピソード
「地域に根づいた調剤薬局で働く薬剤師」の職場恋愛について
まとめ ー「薬剤師」を目指す方へメッセージ
地域に根づいた「調剤薬局」で働く「薬剤師」に関する仕事内容・年収レポート

はじめに

地域に根づいた調剤薬局で常勤の正規雇用者として働く、女性の「薬剤師」によるキャリア体験談レポートです。

「薬剤師」を目指した理由

家族に医療関係者が多く、自然な流れで自分も医療の道を目指そうと思いました。

女性でも働きやすいと思い、薬剤師を目指しました。

「地域に根づいた調剤薬局で働く薬剤師」の仕事内容について

地域に根付いた調剤薬局に勤務していました。

小児科と内科のクリニックの門前薬局でしたので、小児の処方をすることも多かったです。

基本的には、クリニックの営業時間に合わせて薬局も営業していたので、日々残業になることもよくありました。

薬剤師の仕事は、医師からの処方箋の指示に従って、薬を調剤して、患者さんに投薬説明をした上で処方します。投薬説明は、飲み方のほかに、今回、なぜその薬を処方されているのかを患者さんが理解出来ているのかも確認します。

特に小児の場合は体重によって薬の投与量が変わってくるので、ごくたまに先生が量を間違えて処方してしまうこともあります。ですので、薬剤師は処方箋の指示が適切かどうか改めてチェックをする必要があります。

また、全ての患者さんにおいて、現在他に服薬しているものがないかを問診とお薬手帳を通して確認をし、飲み合わせに問題がないかを再度チェックします。

処方箋は医師の指示ですが、それが適切かを確認するのは薬剤師の重要な役目です。

「地域に根づいた調剤薬局で働く薬剤師」の1日の仕事の流れ

8:00:自宅を出て、自動車で通勤
8:30:職場に到着 朝の掃除や点検作業
※9:00のクリニック開院時間までには、患者さんを受け入れる準備を整えます。
※私の職場は少人数でしたので、特に朝のミーティング等はなく、連絡ノートで重要事項をやり取りしていました。
※連絡ノートは出勤してすぐに確認をしてチェックをつけます。
13:00:お昼休憩(約1時間半) 
※この時間はその日のクリニックの状況でかなり前後します。
14:30:職場に戻り、午後の準備を整えます。
19:00:終業
※遅い時は20時を回ることもありました。

この仕事の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は約40万円(残業代含む)で、ボーナスは約50万円でした。ちなみに、年収はおよそ550万円程でした。

有給休暇はしっかりと取れました。家庭を持っている方も多かったので、休みの取り方に関してはとても融通の利く職場でした。

この仕事で、働いているときに困ったこと

女性の多い職場で、皆さん家庭がある方々でしたので、有給休暇の取りやすさや、急な休み(子供の熱発や学校行事、親の介護など)にも柔軟に対応してくれるところは良かったのですが、日によって終業時間に大きなバラつきがあり、それが読めない所は正直辛かったです。

職業柄どうしても仕方のないことだとは思いますが、それでもお互いの事情を考慮して、どうしても都合のある時は早上がりをさせてもらったりして対応してもらっていました。

この仕事や職場でよかったこと

女性の多い職場で、お互いの状況や家庭環境を理解しあって働けた点は良かったです。

国家資格があるので、働く場所選びにはそれほど苦労もしませんでしたし、どちらかというと引く手数多でした。

当時私は正社員でしたが、働き方も様々で、一旦離職してブランクがあってから復職されている方もいらっしゃいました。正社員、パートタイマーなど、どの形態でも常に募集があり、働き方も選べるので、女性にはとても働きやすい職種だと思います。

「地域に根づいた調剤薬局で働く薬剤師」の仕事エピソード

患者さんとの距離がとても近く、色々な患者さんとも仲良くなれました。

先生には言えないことも薬剤師には話してくれることが多いです。患者さんに、「病院に行くと毎回緊張するけれど、薬局にきてあなたの顔を見るとリラックス出来るわ」と言われた時は素直に嬉しかったです。

プライベートのことで忙しくて寝不足だった時に、一度だけ調剤を間違えてしまい、患者さんにご迷惑をかけてしまったことがありました。その時は本当に申し訳ない気持ちで、以後絶対にこういった失敗はしないように、常に緊張感を持ち仕事に励もうと思い直しました。

「地域に根づいた調剤薬局で働く薬剤師」の職場恋愛について

女性が多い職場なので、調剤薬局の中での職場恋愛はほとんど無いと思います。

大学病院の院内薬局の場合には、大学の先生や職員の方との出会いの機会もあるようですが、私には縁はありませんでした。たまに、患者さんからお見合いの話を持ちかけられることはありました。

私の周りは同じ医療職と結婚する薬剤師が多かったです。医療系の大学出身だと部活動などを通して、学生時代からの縁でそのままゴールインする人も多かったです。

まとめ ー「薬剤師」を目指す方へメッセージ

女性にとってステイタスもあり働きやすい職業だと思います。

大変なこともありますが、頑張ってください。

この記事に関連するキーワード

薬剤師に関するおすすめ記事

地方公務員に関する新着記事

ページトップ