「東証二部上場のアパレル会社」で働く「営業職」の仕事内容・給料レポート

東証二部上場企業のアパレル会社で働く、新卒で入社した男性の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。

今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

東証二部上場企業のアパレル会社で働く、新卒で入社した男性の「営業職」によるキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、ファイナンシャルプランナーの資格を持っているそうです。

「アパレル会社の営業職」を目指した理由

特にアパレル業界を目指していたわけではなく、たまたま募集していたのに応募したのが、この会社、アパレル業界に就いたきっかけでした。

「アパレル会社の営業職」の仕事内容について

仕事内容としては、営業と呼ばれる仕事です。

主に展示会と呼ばれる場所でブランドのコンセプトや打ち出し、積極的に営業をかけて、商談などを行います。

また百貨店や専門店などに対してもアプローチをかけたりします。展示会では、担当者だけでなく、出入りしているお客様に対しても積極的に営業をかけたりします。展示会で出入りできるのは許可を得た方だけですので、ほとんどがアパレル業界の方です。ですから幅広く営業をかけます。

また企画などを考えて提案したりすることも行います。販売するだけではなく百貨店や専門店の担当者との会議を行ったり、セールなどのときに促進企画を企画するということを行います。冬の時は冬の製品を、春の時は春の製品などを買ってもらえるような企画を考えたりします。

そしてデパートなどでファッションショーを開いたりするなど、企画を幅広く考えることも仕事として行います。 またほとんどは会議の時間で取られたりします。

「アパレル会社の営業職」の1日の仕事の流れ

7時半頃 自宅を出ます
※自動車通勤する時もあれば、電車で通勤する時もあります。
8時頃 会社到着
8時15分 全体会議
8時半 部署ごとの会議
9時頃 営業車に乗り営業先を回ります
※展示会やデパートや専門店などを細かく営業します。
※企画してた企画にスタッフとして働くこともあります。
13時頃 お昼休憩
14時 営業先をまた回ったりします
17時頃 会社到着
※レポートなどを書いたり、明日の仕事の準備をしたりします。
17時半頃 全体会議
17時45分頃 部長との会議
※そのあと残業などがあれば、残業をしてその後帰宅の途に着きます。

「アパレル会社の営業職」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は30万円(残業代込み)で、ボーナスは30万円でした。ちなみに、年収は約380万円でした。

残業は、部署ごとに違うかもしれませんが、ほぼ毎日約1時間ほどありました。

有給休暇は実際のところはわかりませんが、とりにくいという感じがしました。

この仕事で、働いているときに困ったこと

働いている時に困ったことや気になったこと、改善したかったことは、営業しているので、夏場の暑さはとても困りました。やはり清潔感が大事な仕事でしたので、夏の暑さはとても大変でした。夏の暑さを快適に過ごせるように改善したかったかなと今思えば思います。

夏は暑いところとクーラーの効いた場所を行き来するという仕事なので、体調管理もとても難しかったです。最初の頃は夏風邪をひいて仕事を一週間休んだこともありました。

この仕事や職場でよかったこと

この仕事をしていて、恵まれていたと思ったところは最新のファッションをいち早く知ることができたことは恵まれてるなと思いました。

また著名なデザイナーさんと知り合うことができましたし、ファッションショーなども最前列で見れることはとても恵まれていたなと思います。

また給料の面でも安定していましたし、ボーナスの支給もされていたので、そのところも恵まれていたかなと思います。 また特典でブランド品が安く買えたということも恵まれていたかなと感じました。

「アパレル会社の営業職」の仕事エピソード

このお仕事をして感動をした事は、知っていたデザイナーさんと知り合いになれたことは感動しました。

また仕事では営業かけた製品がお店で並んでいたり、企画した企画でお客さんの入りが良かったり、スタッフさんの反応が良かった時は感動しました。

失敗したことは営業かけていた製品の特徴を覚えていなかったことがあり、取引先の方から質問されて答えられなかったということがありました。

大変だったことはやはり営業先で何度も頭を下げたりしても営業がすんなりいかなかったり、暑いところや寒いところをいったり来たりして体調管理するのは大変でした。

「アパレル会社の営業職」の職場恋愛について

職場恋愛については、職場での結婚は多いような感じがしました。実際の数などはわかりませんが、同僚で結婚した人がいました。部署ごとによっても変わると思います。

営業部は恋愛などのチャンスが少ないような気がします。 営業を通して会話をしたりする時間がないと思います。

職場ではありませんが、アパレル関係での出会いは多いような気がします。 他の会社の方と知り合う機会がとても多いので、他のアパレル会社などの方との恋愛は多いと思います。

まとめ ー「アパレル会社の営業職」を目指す方へメッセージ

慣れれば楽しくやりがいを感じられると思います。

気温の差などで、体調面の管理は大変だと思いますが、体が資本ですのでしっかり管理した方が良い思いました。

本記事は、2018年11月27日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG