公務員になるための情報サイト

国家公務員「皇宮護衛官」の仕事内容について

主に皇居や御所を警備する国家専門職の「皇宮護衛官」の仕事内容について解説します。

国家公務員である「皇宮護衛官」は警察庁の附属機関の皇宮警察本部に所属する専門職で、特別司法警察職員としての権限をもち、天皇皇后両陛下など皇族の各殿下の護衛業務を担っています。

2018年12月30日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
「皇宮護衛官」の仕事内容
「皇宮護衛官」の仕事1:護衛部門
「皇宮護衛官」の仕事2:警備部門
「皇宮護衛官」の仕事3:警務部門
「皇宮警察学校」での教官を務める「皇宮護衛官」もいます
まとめ
国家公務員「皇宮護衛官」の仕事内容について

はじめに

日常的な警護に加えて、皇室行事の警備や、訪問先などでの事前の警備計画も担当するほか、文化的教養なども必要とされ、オールマイティな人材が求められる職業「皇宮護衛官」の仕事内容について解説します。

「皇宮護衛官」の仕事内容

国家公務員の「皇宮護衛官」の仕事には、大きく分けると「護衛部門」「警備部門」「警務部門」という3つの部門があります。

「皇宮護衛官」の仕事1:護衛部門

護衛部門の「皇宮護衛官」は、天皇皇后両陛下や、皇族の各殿下の護衛を務めます。天皇皇后両陛下や皇太子皇太子妃両殿下、皇族の各殿下が、皇居や御所にいらっしゃる時に御身辺をお守りするだけでなく、公務や静養などでお出かけになる際にも最も近くで護衛にあたります。護衛には白バイに乗務してあたることもあり、皇室行事の報道などでよく見かける最前線の仕事と言えます。

「皇宮護衛官」の中でも、護衛の技術の高さを求められる仕事ですが、それ以外にも乗馬やスキー、テニス、外国語など幅広い素養が必要な部門です。日常的に教養を身につけるほか、日々研修や訓練によって「皇宮護衛官」としての高度な技術を培っているようです。

また、各国の元首や、大使・公使が皇居を参内する際には、護衛部門の「皇宮護衛官」が騎馬やサイドカーでその要人の護衛にあたります。

「皇宮護衛官」の仕事2:警備部門

警備部門の「皇宮護衛官」は、皇族が過ごされる皇居や赤坂御用地、京都御所、大宮仙洞御所、桂・修学院離宮、正倉院、御用邸などを警備することが主な任務です。皇室の安全を守る護衛の礎の部分を担っており、警察の中で唯一消化活動を行うことがあります。各御所などでは絶対火災が起こらないよう、徹底した予防活動を行っていますが、万が一に備えて消化訓練が欠かせません。

また、天皇誕生日や新年の一般参賀、園遊会の際には警備の企画・立案から装備資器材の配備や開発運用を担当することがあります。「お立ち台儀仗勤務」といって、パフォーマンスとして儀式用の武器を扱う業務がありますが、天皇誕生日や新年の一般参賀で皇族の方々がお出ましになる宮殿のベランダの真下で、優雅かつ複数人で揃った動きをすることは難しく、訓練を経て成功した時には誇らしく達成感のある仕事のひとつのようです。

さらに、警備部門の「皇宮護衛官」の中には突発的な事態に対応する部隊として、特別警備隊が配置されています。特別警備隊では有事に備えた特別な訓練が行われるほか、皇居宮殿などで行われる皇室行事では儀礼服という特別な制服を着て警備を務め、儀式の厳粛な雰囲気を保っています。

「皇宮護衛官」の仕事3:警務部門

警務部門の「皇宮護衛官」は、皇居警察の護衛部門や警備部門の仕事が円滑に行われるよう、勤務体制や採用、教養研修、福利厚生などの人事管理や、予算管理など組織の総務的な仕事を担当し、皇宮警察本部を支えています。

また、警務部門の中には音楽隊が組織されており、園遊会などの皇室行事で演奏するほか、全国警察音楽隊演奏会、皇居東御苑でのランチタイムコンサートなどでの演奏を通して、皇宮警察の広報的な役割も担っています。園遊会で天皇陛下の前で国歌を演奏するという大役を担うこともあるようで、演奏はベテランの「皇宮護衛官」でも緊張するもののようですが、国を代表して演奏するという誇らしさがある仕事だと言えます。

「皇宮警察学校」での教官を務める「皇宮護衛官」もいます

「皇宮護衛官」を要請する「皇宮警察学校」の教官も、先輩の「皇宮護衛官」が務めています。「皇宮警察学校」では「皇宮護衛官」としての業務に必要な法学や警察実務の知識や皇宮警察の歴史のほか、柔道・剣道の技術、教練、拳銃操法などの訓練が行われており、キャリアを積んだ「皇宮護衛官」がそれぞれ教科担任を務めているようです。

「皇宮護衛官」は警察庁や都道府県警に出向することや、海外勤務をすることもあり、それぞれ「皇宮護衛官」としての高度な技術や専門的な知識を身につけ、キャリアアップを実現しているようです。

まとめ

このページでは皇宮警察本部に所属する国家公務員専門職の「皇宮護衛官」の具体的な仕事内容についてご紹介しました。「皇宮護衛官」の仕事には、大きく分けると「護衛部門」「警備部門」「警務部門」の3種類があります。

それぞれの配属は違っていても、基本的には国の象徴である天皇皇后両陛下や、皇族殿下をお護りする、大変責任のある誇り高い仕事だと言えます。このような仕事を任される「皇宮護衛官」には、護衛のプロの中のプロとしての高度な卓越した技術と日々の訓練が欠かせません。それに加えて、仕事として和歌や茶道、語学などの教養も身につける必要があり、皇族のお側での護衛を通して、幅広い仕事に従事できる貴重な職業だと言えます。

この記事に関連するキーワード

皇宮護衛官に関するおすすめ記事

国家公務員に関する新着記事

ページトップ