「個人経営の創作料理店」のアルバイトの仕事内容・給料レポート

従業員10人~15人の「個人経営の創作料理店」にアルバイトで働く、女性で「カウンター兼ホール職」のキャリア体験談レポートです。 今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

従業員10人~15人の「個人経営の創作料理店」にアルバイトで働く、女性で「カウンター兼ホール職」のキャリア体験談レポートです。

「個人経営の創作料理店のアルバイト」を目指した理由

以前まで働いていた会社が家から遠く、駐車場代が支給されないところだったので、家から歩いていける距離にある現在のアルバイト先を選びました。

「個人経営の創作料理店のアルバイト」の仕事内容

基本カウンターに立って簡単な料理の盛り付けをしたり、デザートを作って、お客様に提供しています。

創作料理屋ですので主な料理は全てキッチンの料理長が作りますが、盛り付けに手間のかかる料理は調理後、盛り付け前の状態でこちらに回ってきます。

また、お客様が注文したデザートやコーヒーやお酒を作って提供するのもカウンター担当の仕事です。デザートのほとんどはお店が空いている時に作り置きしておきますが、デザートも凝った手作りのものを提供しているため、働いている時間のほとんどはデザートを作っています。

ですが、細かい雑用も多く行ないます。店内全体の清掃や料理の下準備、来店したお客様のご案内・オーダー受付・電話対応・買出しなどが主な雑用です。

他にも、カウンターに座ったお客様との会話も大事な仕事のひとつです。昼に営業している飲食店のためお客様は主婦層の方が多いので、会話を楽しみにご来店くださる方も多く、手を動かしながらお客様への気配りも欠かせません。

「個人経営の創作料理店のアルバイト」の1日の仕事の流れ

9:30 家を出て、徒歩で通勤
9:50 到着
10:00 開店準備スタート 店内清掃(床清掃、座敷部屋の手入れ、トイレ清掃)
10:15 業務開始
※お昼のランチの予約分や、料理の下準備を始めます。スタッフで手分けし、副菜や小鉢などの先に用意しておけるものを作っていきます。
10:45 ミーティング開始
※本日のメイン料理や予約のお客様の確認をスタッフ全員で行ないます。
11:00 開店
※順次オーダーが入った順に料理を盛り付け、ホールスタッフに運んでもらうよう支持をします。オーダーがあまり無く、余裕がある時間に次の日にお客様に提供するシフォンケーキやわらびもちなどのデザートを作っておきます。
15:00 閉店

この仕事の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、アルバイトなので平日時給850円、休日で900円です。ボーナスや昇給制度などはありません。

1日の出勤時間はその日の忙しさや出勤人数などにもよるのですが、だいたい5~6時間の日が多いです。月収は10万円前後です。

この仕事で、働いているときに困ったこと

料理長以外はアルバイトとパートで成り立っているため、主婦の方や学生さんが多かったので希望の日にお休みをいただけないことが多かったです。

私は子供がいないのでみなさんの生活を優先し、できるだけ出勤しましたがもう少し全体スタッフの数を増やしてほしいと何度も思いました。

また、個人経営なのでお客様の要望を出来る限り聞けるというところがいいところでもあり、少しやっかいなところでもありました。

基本は11時から15時までの営業の店なのですが、急に前日の日に「お客様に19時から大人数で予約を取りたいと言われたのだけどいい?」と言われることもしばしばでした。

この仕事や職場でよかったこと

創作料理屋で働いて良かったことといえば、その気になれば料理を作ることが美味くなることです。

食べることが大好きだった私ですが、料理のセンスはいまいちで長年悩んでいました。ですが、仕事上和食のレシピを数多く覚えることになり、そのスキルは家でも大活躍しています。

普段あまり作ることの無いデザートをたくさん作るのもとても楽しいです。その日余ったデザートや料理はスタッフで分け合って、仲良く話しながら食べれるのも良かったことのひとつです。

「個人経営の創作料理店のアルバイト」の仕事エピソード

この仕事で感動したことは、料理にひとてま加えるだけでこんなに食感や見た目の鮮やかさ、美味しさまで変わってくるんだなということです。

あまり料理をしてこなかったので、料理サイトで見たレシピに沿って作ってみてもイマイチということが多くコンプレックスでもありました。ですが、創作料理屋でそのひとてまを学んだだけで一品一品見違えるように美味しく、満足のいくように作れるようになりました。下茹での大切さや、野菜の切り方ひとつで食感が違うこと、映える食器の選び方など…。

せっかく頑張って作る料理を、食べている人にもっと喜んでもらう嬉しさを味わうことが出来ました。

「個人経営の創作料理店のアルバイト」の職場恋愛について

職場のアルバイトやパートの方はほとんど女性の方で、半数は結婚している方ばかりです。

15人いるスタッフの中で男性の方はスタッフで3人しかいません。なので職場恋愛がよくあるという職場でもありませんが、3人の中の1人である40歳近い料理長はよく女性のスタッフの方に食事の誘いなどしています。もちろん主婦や未成年の学生の方は避けているようですが、20歳以上の明るく元気な女の子には声をかけ続けています。まだその料理長と誰かが食事に行ったなどという噂は聞こえてきませんが…。

まとめ ー「個人経営の創作料理店のアルバイト」を目指す方へ

面白いアンケートでした。自分の日ごろの仕事の振りかえりにもなり、ためになりました。

ありがとうございます。

本記事は、2019年2月28日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG
【AD】オンライン・カウンセリングサービス