「東証一部上場企業の銀行」で働く「窓口業務」の仕事内容・給料レポート

東証一部上場企業の銀行で新卒で入社して働く、女性の「窓口業務」によるキャリア体験談レポートです。 今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

東証一部上場企業の銀行で新卒で入社して働く、女性の「窓口業務」によるキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、証券外務員2種と、税務3級、法務3級と、ファイナンシャルプランナー3級の資格を持っているそうです。

「東証一部上場企業の銀行の窓口業務」を目指した理由

地元から出ることに抵抗があったため、ずっと地元に残ることができる企業に絞って就職活動していました。

資格もたくさん取らされるため、転職等になっても有利だと思い目指しました。

「東証一部上場企業の銀行の窓口業務」の仕事内容について

店頭での窓口の仕事がメインでした。

仕事内容は預金業務で、新規口座の開設や税金の支払い、定期預金処理、振込、紛失届や住所変更等の諸届業務です。

新規口座の開設

まず本人確認資料を提示してもらい、口座を作れる方か、住所の確認等行いながら作成していきます。

税金の支払い

国税、地方税の支払い用紙を提出してもらい、銀行で受付可能なものか、期限内のものか等確認しながら受け付けます。

定期預金の作成

新規口座開設同様チェック項目に準じて作成したいきます。解約の際が少し大変で、昨今特殊詐欺が多く発生しているため、高齢者の方には怪しくないことを確認するために解約理由を差し支えない範囲で確認します。

振込業務

個人から個人、個人から企業へ振り込む場合や企業の給与振込の受付、義援金の振込などがあります。

諸届業務は通帳や印鑑、カードの紛失処理、再発行業務、見つかった場合は再使用手続き、住所変更や、氏名変更等を公的機関が発行している身分証明書に基づいて行っていきます。

「東証一部上場企業の銀行の窓口業務」の1日の仕事の流れ

7時30分:自宅を出て電車で通勤する
8時:到着
8時30分:金庫から業務に必要なものを出し、開店準備
8時45分:朝礼
8時55分:開店前最終準備、外回り営業の方の持ち出し現金等あれば準備
9時:開店
11時30分:交代で昼食
14時30分:業務の失念がないか確認
15時:閉店
15時5分:一日の締めの作業開始(その日分の受付税金を本部へ報告、伝票の枚数確認、振込金額の合計を合わせる、諸届書類の再確認、勘定合わせ)
16時:勘定が落ちた後、伝票整理。その日の重要文書、メールの確認を行う
16時30分:新入行員の指導や、新商品の勉強会、事務手続き変更箇所の勉強会、金庫の整理、電話営業を行う
17時15分:定時退行日は片付けを行い始める
17時30分:定時退行

残業となる日は18時くらいまで、電話営業をしたり支店の掃除をしたり、書類の整理などを行います。日によっては閉店後に本部や、他支店で開催される勉強会に参加することもあります。

この仕事の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は、手取り19万(残業代込)円で、ボーナスは30万円でした。ちなみに、年収は350万円でした。

残業は遅くても19時には退行していました。

有給休暇は人数が少ない中での業務だったため、非常に取りにくかったです。しかし、大きな店舗や人数が揃っている店舗ではもう少し取りやすいようでした。

この仕事で、働いているときに困ったこと

有給休暇が取りにくいという点が改善してほしいと思いました。

家庭の事情でどうしても休みがほしいと思っても、月末や、忙しいことが予め分かっている日には言い出しにくく、休みは取れず早退でとういこともありました。

休むと迷惑がかかってしまうということから、皆体調が悪くても少しなら無理して出勤しているという人もおり、そういう場合は応援の方がすぐ来てくれる、というような対応がもっと出来るような仕組みを取り入れて欲しかったです。

この仕事や職場でよかったこと

転職した方から聞いたのですが、銀行員というと、お堅い、真面目というとイメージがあるらしく、転職にとても有利だとのことでした。

初対面の方でも銀行員ですと言うと、信頼できそうですねと言われたこともあります。世間のイメージがとても良いことが恵まれていると思います。

また会社のお金で資格取得ができるため、資格取得に対しての抵抗がなく勉強は大変ですが、万一辞めてしまっても同じ業界で再就職しやすい環境だと思います。

「東証一部上場企業の銀行の窓口業務」の仕事エピソード

入行してはじめの3年間はミスがあってはならない仕事であるため気が張りっぱなしで、疲労困憊の毎日でした。

少しのミスでも大ごとになる仕事が多く大変でした。1円でも間違えると帰れないというのは本当です。

お金が合わない時は日付が変わるまで探しました。結局は機械の内部に挟まってしまっていただけだったのですが、1円だけでも許されない仕事です。パートさんも含め支店の職員全員で探し回りました。ミスも何度もしたのですが、慣れてくると見落としてはならないポイント等も分かってくるのですが、最初の3年はひたすら大変な毎日でした。

「東証一部上場企業の銀行の窓口業務」の職場恋愛について

職場恋愛は多いと思います。

ただ、小さな支店に配属だと若者がいないというとことはよくあります。田舎の店舗でも若者がいないということはよくあります。大きくて、街中の店舗であれば人数も多いので出会いがあると思います。

また、お客様とお付き合いをしたり、結婚されているかたもいらっしゃいました。

銀行員というと真面目で良いイメージがあるみたいですので、窓口に来店される親御さんが、うちの息子、娘にというようなこともあるようです。

まとめ ー「東証一部上場企業の銀行の窓口業務」を目指す方へ

日々勉強の多い業種だとは思いますが、必ず自分のためになります。

頑張ってください。

本記事は、2019年3月6日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG