公務員になるための情報サイト

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の基本情報(沿革など)

国立大学法人の職員を目指す方に知っておいてほしい国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の基本情報について解説します。

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」は、奈良県生駒市にある国立大学法人で、高度な教育によって人材を育成する学部を置かない大学院大学です。

2019年04月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
「奈良先端科学技術大学院大学」の沿革について
「奈良先端科学技術大学院大学」の理念・スローガンについて
「奈良先端科学技術大学院大学」の学章・校歌について
「奈良先端科学技術大学院大学」の学長について
「奈良先端科学技術大学院大学」の本拠地・キャンパスについて
「奈良先端科学技術大学院大学」の教職員数について
「奈良先端科学技術大学院大学」の学生数について
「奈良先端科学技術大学院大学」の大学院について
「奈良先端科学技術大学院大学」の財務状況について
まとめ
「奈良先端科学技術大学院大学」のウェブサイトのURL
そのほかの「国立大学法人」の基本情報はこちらです。

はじめに

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、奈良県生駒市にあり、1991年(平成3年)に設置された国立大学です。

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の入試の偏差値は、確認できませんでした。

今回は国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」に関する基本的な情報について解説します。

「奈良先端科学技術大学院大学」の沿革について

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の沿革は、学術審議会によって「大学等におけるバイオサイエンス研究の推進について」建議された1986年(昭和61年)まで遡ります。

この後、1987年に「先端科学技術大学院構想調査の実施について(文部大臣裁定)」が制定され、大学改革協議会により「大学院の充実と改革について」がまとめられると、1988年(昭和63年)には、文部省大臣の裁定により、先端科学技術大学院の準備調査室等組織要項が制定されました。

さらに、1990年(平成2年)に奈良先端科学技術大学院大学の創設準備組織要項が制定され、その翌年に「奈良先端科学技術大学院大学」が設置されました。

「奈良先端科学技術大学院大学」の理念・スローガンについて

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の理念・スローガンは、下記の4つで
す。

1)先端科学技術分野に係わる高度な研究の推進

2)国際社会で指導的な役割を果たす研究者の養成

3)社会・経済を支える高度な専門性を持った人材の養成

4)社会の発展や文化の創造に向けた学外との密接な連携・協力の推進 

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」は、この理念のもと、学部を置かない国立の大学院大学として、科学技術の進歩と社会の発展に寄与することを目的としています。

「奈良先端科学技術大学院大学」の学章・校歌について

学章について

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の学章(ロゴマーク)は、大学の英語表記「Nara Institute of Science and Technology」と、その頭文字「NAIST」で縁取った円の中に、3色の赤、緑、青による同一の幾何図形を配したデザインとなっています。

なお、この学章(ロゴマーク)のうち、「NAIST」のロゴ部分は、1994年(平成6年)にデザイナーの「古村 理」さんに依頼して作成されました。

校歌について

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の校歌(学歌)は、「春日山 瑞雲なびき」です。

この校歌は、原作は、「岡部 剛機」さん、監修は、国立大学法人「奈良女子大学」の「坂本 信幸」名誉教授他、作曲は、国立大学法人「東京芸術大学」准教授の「古川 聖」さんによって創作されました。

「奈良先端科学技術大学院大学」の学長について

現在の国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の学長は、「横矢 直和(よこや なおかず)」さんです。

「横矢 直和」さんの経歴は、1979年(昭和54年)に大阪大学大学院基礎工学研究科物理系博士後期課程を修了、通産省工業技術院電子技術総合研究所研究官に就任、1986年にカナダ・マッギル大学知能機能研究センター客員教授に就任、1993年(平成5年)に奈良先端科学技術大学院大学情報科学センター教授に就任しました。

その後、1998年(平成10年)に奈良先端科学技術大学院大学情報科学センター長に就任、2007年(平成19年)に大阪大学大学院情報科学研究科招聘(へい)教授・京都大学大学院情報学研究科連携教授に就任、2013年(平成25年)に奈良先端科学技術大学院大学理事・副学長に就任した後、2017年(平成29年)に国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の学長に就任しました。

学長の「横矢 直和」さんは、国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の構成員が挑戦心を持つことを大切にし、未来に希望を与える発明を創出し、それに相応しい人材を育成することに努めています。

なお、「横矢 直和」さんは、国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の第7代目の学長です。

「奈良先端科学技術大学院大学」の本拠地・キャンパスについて

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」には、本拠地(本部キャンパス)を含めた「生駒キャンパス」があります。

この「生駒キャンパス」には、先端科学技術研究科、情報科学研究科、バイオサイエンス研究科、物質創作科学研究科のほか、附属図書館、総合情報基盤センター、遺伝子教育研究センター、物理化学教育研究センターなどが置かれています。

なお、「生駒キャンパス」は、奈良県生駒市にあり、最寄り駅は、「学研北生駒駅」または「高の原駅」です。

「奈良先端科学技術大学院大学」の教職員数について

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の教職員数の総数は、374人で、このうち職員数は、166人で、教員数は、206人です。

教職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の教職員数
参考URL http://www.naist.jp/about/organization/staff.html

「奈良先端科学技術大学院大学」の学生数について

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の平成31年1月1日現在の学生数は、大学院学生数は、1,055名(うち外国人学生 254名)です。

参考URL http://www.naist.jp/about/student/
https://www.naist.jp/admission/feature/foreign_students.html

「奈良先端科学技術大学院大学」の大学院について

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の大学院は、下記の4つです。

1)先端科学技術研究科
2)情報科学研究科
3)バイオサイエンス研究科
4)物質創作科学研究科

「奈良先端科学技術大学院大学」の財務状況について

平成29年度の、国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」の収入は、88億7,500万円でした。

その主な内訳は、運営費交付金、産学連携等研究収入および寄付金収入、授業料・入学料および検定料、補助金等収入などです。

参考URL:http://www.naist.jp/corporate/finance/files/kessan29.pdf

まとめ

いかがでしたか?

国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」は、年3回実施の面接・調査書による総合評価での採用や、複数教員指導制、幅広い分野による在学生などを特徴とする国立大学です。

ちなみに、国立大学法人「奈良先端科学技術大学院大学」出身の有名人は、ロボット工学者の吉崎 航さん、生命科学者の高橋 和利さん、ソプラノ歌手の秋山 ゆかりさん、サイエンスライターの鍵本 聡さんなどがいらっしゃいます。

「奈良先端科学技術大学院大学」のウェブサイトのURL

http://www.naist.jp/

そのほかの「国立大学法人」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/61

国立大学法人等職員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ