公務員になるための情報サイト

国立大学法人「鹿屋体育大学」の基本情報(沿革・職員数など)

国立大学法人の職員を目指す方に知っておいてほしい国立大学法人「鹿屋体育大学」の基本情報について解説します。

国立大学法人「鹿屋体育大学」は、鹿児島県鹿屋市にある国立大学法人で、国内最高水準の施設を持ち、全国で唯一の国立体育大学です。

2019年06月06日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
国立大学法人「鹿屋体育大学」の沿革について
国立大学法人「鹿屋体育大学」の理念・スローガンについて
国立大学法人「鹿屋体育大学」の学章・校歌について
国立大学法人「鹿屋体育大学」の学長について
国立大学法人「鹿屋体育大学」の本拠地・キャンパスについて
国立大学法人「鹿屋体育大学」の教職員数について
国立大学法人「鹿屋体育大学」の学生数について
国立大学法人「鹿屋体育大学」の学部について
国立大学法人「鹿屋体育大学」大学院について
国立大学法人「鹿屋体育大学」の財務状況について
まとめ
国立大学法人「鹿屋体育大学」のウェブサイトのURL
そのほかの「国立大学法人」の基本情報はこちらです。

はじめに

国立大学法人「鹿屋体育大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、鹿児島県鹿屋市にあり、1981年(昭和56年)に設置された国立大学です。

国立大学法人「鹿屋体育大学」の入試の得点率は、58%~71%程度のようです。

今回は国立大学法人「鹿屋体育大学」に関する基本的な情報について解説します。

国立大学法人「鹿屋体育大学」の沿革について

国立大学法人「鹿屋体育大学」の沿革は、1981年(昭和56年)に「鹿屋体育大学」が設置されたことから始まります。

その後、1983年(昭和58年)に学生を受け入れ、1988年(昭和63年)に大学院体育学研究科が設置され、2003年(平成15年)に3学期制から2学期制へと移行、学部の7講座制から3系制に移行され、2009年(平成21年)に東京サテライトキャンパスが開設されました。

国立大学法人「鹿屋体育大学」の理念・スローガンについて

国立大学法人「鹿屋体育大学」の理念・スローガンは、大きく下記の5つです。

1)全国でただ一つの国立の体育系大学であるという特性を活かす。
2)健全な身体と調和・共生の精神を併せ持つ人材を育成する。
3)スポーツ・身体運動を通じて、創造性とバイタリティに富む有為の人材を輩出する。
4)体育・スポーツ学分野における学術・文化の発展と国民の健康増進に貢献する。
5)健全で明るく、活力に満ちた社会の形成に寄与する。

国立大学法人「鹿屋体育大学」の学章・校歌について

学章について

国立大学法人「鹿屋体育大学」に学章はありませんが、大学のホームページ上では、紺色の円図形の中に、アルファベット文字「KANOYA」および「NATIONAL INXTITUTE OF FITNESS AND SPORTS」と赤色・緑色・白色の幾何図形を配したマークが使用されています。

校歌について

国立大学法人「鹿屋体育大学」には、2つの校歌(学生歌)があり、学生歌1の「黒潮満ちる」と学生歌2の「空高く」です。

学生歌1の「黒潮満ちる」の作詞は、「内 与詩守」さん、作曲は、「大川内 国雄」さん、学生歌2の作詞は、「石川 由紀子」さん、作曲は、「大川内 国雄」さんです。

国立大学法人「鹿屋体育大学」の学長について

現在の国立大学法人「鹿屋体育大学」の学長は、「松下 雅雄(まつした まさお)」さんです。

「松下 雅雄」さんの経歴は、1987年(昭和62年)に鹿屋体育大学体育学部助手に就任、1991年(平成3年)に同大学海洋スポーツセンター助教授に就任、1999年に同大学海洋スポーツセンター教授に就任、2002年(平成14年)に同大学副学長に就任、2006年に同大学理事・副学長に就任した後、2016年(平成28年)に国立大学法人「鹿屋体育大学」の学長に就任しました。

学長の「松下 雅雄」さんは、人間のスポーツを「する・みる・支える」が一体となってスポーツ活動が展開され、地域がスポーツによって活性化されるよう、国立大学法人「鹿屋体育大学」として研究プロジェクトに取組み、スポーツの推進・発展に努めています。

なお、「松下 雅雄」さんは、国立大学法人「鹿屋体育大学」の第7代目の学長です。

国立大学法人「鹿屋体育大学」の本拠地・キャンパスについて

国立大学法人「鹿屋体育大学」の本拠地(本部キャンパス)は、「鹿屋キャンパス」で、体育学部、体育学研究科のほか、水野講堂、総合体育館、球技体育館、多目的グラウンド、屋内実験プール、陸上競技場、合宿研修所、SPセンターなどがあります。

この「鹿屋キャンパス」は、鹿児島県鹿屋市にあり、最寄り駅は、「鹿児島中央駅」です。

国立大学法人「鹿屋体育大学」の教職員数について

国立大学法人「鹿屋体育大学」の教職員数の総数は、145人で、このうち職員数は、77人で、教員数は、68人です。

教職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 国立大学法人「鹿屋体育大学」の教職員数
URL https://www.nifs-k.ac.jp/outline/summary/staffs.html

国立大学法人「鹿屋体育大学」の学生数について

国立大学法人「鹿屋体育大学」の平成30年5月1日の学生数は、学部学生数は、768名(うち外国人学生 3名)で、大学院学生数は、60名(うち外国人学生 4名)です。

URL https://www.nifs-k.ac.jp/outline/summary/students.html

国立大学法人「鹿屋体育大学」の学部について

国立大学法人「鹿屋体育大学」には「体育学部」があります。

国立大学法人「鹿屋体育大学」大学院について

国立大学法人「鹿屋体育大学」の大学院には、「体育学研究科」があり、修士課程には国立大学法人「筑波大学」との共同専攻があります。

国立大学法人「鹿屋体育大学」の財務状況について

平成29年度の、国立大学法人「鹿屋体育大学」の収入は、242億円でした。

その主な内訳は、運営費交付金、授業料・入学料および検定料などです。

参考URL:https://www.nifs-k.ac.jp/images/H29_kessannhoukoku.pdf

まとめ

いかがでしたか?

国立大学法人「鹿屋体育大学」は、全国唯一の国立体育大学で、放送大学学園と単位総合協定を結んでいることを特徴とする国立大学です。

ちなみに、国立大学法人「鹿屋体育大学」出身の有名人は、高鍋 絵美さん、内村祥也さん、畑 信也さん、石橋 学ぶさん、柴田 亜衣さんなどがいらっしゃいます。

国立大学法人「鹿屋体育大学」のウェブサイトのURL

https://www.nifs-k.ac.jp/

そのほかの「国立大学法人」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/61

国立大学法人等職員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ