小規模空港の「航空会社」で働く「グランドスタッフ」の仕事内容・給料レポ

小規模空港の「航空会社」に新卒で入社して働く、女性で「グランドスタッフ」のキャリア体験談レポートです。 今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

小規模空港の「航空会社」に新卒で入社して働く、女性で「グランドスタッフ」のキャリア体験談レポートです。

「小規模空港の航空会社で働くグランドスタッフ」を目指した理由

たまたま新規で空港を開設する際に職員を募集しているCMを親が見て、応募を促されてダメ元で応募をしました。

特に英語などを話せるとかではなかったです。

「小規模空港の航空会社で働くグランドスタッフ」の仕事内容

私が働いていた空港はオールマイティに係員が動くようになっていて、主に空港カウンターにてチェックイン業務、手荷物受託業務・ゲート業務、到着業務や最後の締めの業務を行っていました。

チェックイン業務

搭乗手続きはもちろん、新規の航空チケットの購入や返金対応などをしていました。

国内線の手続きがメインですが、国際線の手続きも行っていました。

手荷物受託業務

通常の手荷物はもちろんペットの受託を行っていました。

預かるときの手荷物の重量の確認や、カバンに破損個所がないか、貴重品や壊れやすいものを入れていないかなどを確認しています。

もし事前にカバンの破損や壊れやすいものがあった際には、事前にサインをもらったりしています。

ゲート業務

保安検査を通過して飛行機までの手続きをします。

ゲートでは搭乗手続きしたお客様がきちんとゲート改札口で媒体をかざしているかなどを確認します。人数が違えば事故に繋がるかもしれないので大変重要な業務です。また飛行機までお手伝いが必要なお客様を誘導したりもします。

到着業務

飛行機から出口までの業務です。

お手伝いが必要なお客様を誘導はもちろん、手荷物返却時のトラブルにも対応できるようにしています。

最後の締めの業務

売り上げの計算などをします。

「小規模空港の航空会社で働くグランドスタッフ」の1日の流れ

私の職場はA勤務、通し、B勤務というパターンでありました。

A勤務の場合

5:30 出社
6:00 チェックイン、手荷物カウンターオープン
7:00 ゲートリーダーがゲートへスタンバイ
7:20ごろ 機内への案内を開始
7:35 飛行機出発
チェックインから飛行機出発までをA勤務は4回繰り返します。
それから12:30ごろに午前の締め作業を行って、14:00に退社します。

通し勤務の場合

6:00 出社
20:00ぐらいまでチェックインから飛行機の出発、到着業務を繰り返します。
通し勤務は特別なことがない限り締め作業はないです。

B勤務の場合

13:00 出社
午後の便のチェックインから飛行機出発、最終便の到着業務を行います。
23:00 退社

この仕事の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は15万円(残業代はある時とない時がありました)でした。ちなみに、
ボーナスは2か月分支給で、年収は300万円ぐらいです。

残業は飛行機が遅延したりすると帰れないことがざらで、日によっては日付を超えた時もありました。

有給休暇はシフトの関係上取りづらいことが多かったです。

この仕事で、働いているときに困ったこと

正直に言いますと、給料がとても低くてつらかったです。

残業代も出るときと出ないときがあって、申請しても却下された時がありました。

また、有給申請も被らないようにはしてたのですが、有給が被ってしまうと申請が却下されるときもありました。

私が働いていた空港は、職場内で出来る業務の資格のようなものを設定していて、国際線の手続きやゲート責任者、営業管理などはある程度経験を積まないと出来ないようにしていました。そのため、私が働いていた空港は国際線に乗るお客様が多かったので、その都度係員を交代しないと出来ないので大変でした。

この仕事や職場でよかったこと

職場がいろんな意味で緩かったので、人柄はよかったです。

またオープニングスタッフで回りが同僚ばかりだったので色々と相談しやすかったのがよかったです。

トラブルにあった際も上司が出来るだけ出てくれるようにしてはくれていたので、安心して業務にとりかかることができました。

また空港所長がとても素晴らしい方でいろいろと行事を率先して行ったり、お客様とのトラブルにも率先して対応されていました。

イベントごとも浴衣を着たりできたので楽しかったです。

この仕事の仕事エピソード

お客様からお礼のお手紙やレポートをもらったりしたことが嬉しかったです。時には私のことを覚えてくれるお客様がいてくれて、お話したりするのが楽しかったです。

またイベントで子供の制服試着をするときに、子供たちがとても嬉しそうなのがよかったです。

失敗したことは、手続きを失敗してお客様のご家族の方にクレームを上げられ、お客様のご家族から電話口で怒鳴られたことが失敗でした。お客様の言うことを聞くのも大事ですが、鵜呑みにするのはよくないなと思いました。

私が所用で飛行機で出かけた際に、自分の飛行機がバードストライクで空港に戻ってしまい、カウンターに行くと人が足りて無いようだったので私がカウンターに代わりに立ったこともありました。

退職の事情や理由について

結婚と体調不良を機に辞めました。

この仕事の職場恋愛について

私の会社は職場恋愛ばかりでした。

どうしてもシフト制の勤務ばかりで出会いが少ないようで、職場で恋愛に発展する人が多かったです。一組そのまま結婚された方がいます。

職場以外で付き合っている方は、学生時代から付き合っている方がそのままお付き合いをされている、または前の職場からずっと付き合っているといった感じの方が多かったです。

もっと大きい空港だとパイロットさんと付き合ってたりCAさんと付き合ってたりといった方が多かったです。

やはり同業種同士の方の結婚率は高いと思いました。

まとめ ー「航空会社で働くグランドスタッフ」を目指す方へ

体に気を付けて頑張ってください。

出来るだけ大きい空港のほうが安定していて、サポートもあります。小さい空港は、お客様と親身になれることは多いですが、お給料面などつらい面が大きいです。

しっかり検討して目指してください。

本記事は、2019年7月16日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

グランドスタッフ
気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG