公務員になるための情報サイト

「外資系航空会社」で働く「客室乗務員」の仕事内容・給料レポ

「外資系航空会社」に中途で入社して働く、女性で「客室乗務員」のキャリア体験談レポートです。

今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

2019年08月02日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
「外資系航空会社の客室乗務員」を目指した理由
「外資系航空会社の客室乗務員」の仕事内容について
「外資系航空会社の客室乗務員」の1日の仕事の流れ
「外資系航空会社の客室乗務員」の給料・残業・有給休暇について
この仕事で、働いているときに困ったこと
この仕事や職場でよかったこと
「外資系航空会社の客室乗務員」の仕事エピソード
「外資系航空会社の客室乗務員」の職場恋愛について
まとめ ー「外資系航空会社の客室乗務員」を目指す方へ

はじめに

「外資系航空会社」に中途で入社して働く、女性で「客室乗務員」のキャリア体験談レポートです。

ちなみに、その方は、英検2級をもっているそうです。

「外資系航空会社の客室乗務員」を目指した理由

飛行機と接客業が好きであるため航空会社を目指しました。留学経験もあったので、英語を生かせる外資系企業の客室乗務員を目指しました。

「外資系航空会社の客室乗務員」の仕事内容について

客室乗務員の仕事は、主に飛行機内の保安業務とサービス業務です。

保安業務について

年に一度定期訓練があり、知識のブラッシュアップを行います。

実際の業務としては、まず出社するとその便に搭乗するメンバーで知識確認のブリーフィングを行います。

ブリーフィングを終え、空港へ行き飛行機に乗り込んだのち、お客様が搭乗する前に機内の装備品などの点検、不審物のチェックを行います。お客様が搭乗してから到着までも、急な揺れに備えて機内の安全を守ります。

サービス業務について

ブリーフィングでその便のサービスの流れを確認します。

搭乗前には機内のご飯(ミール)や備品の搭載確認をし、飛行中はお食事の配膳をしたり、安心で清潔な機内環境保持に努めます。

また常に客様からのリクエストにお応えします。航空会社によってサービスは異なると思いますが、機内でお客様との距離が近い仕事であるため、常に丁寧な接客心掛けるよう指導されます。

また私の職場は外資系なので、英語やその他言語(所属する航空会社による)に関する語学力が必要となります。

「外資系航空会社の客室乗務員」の1日の仕事の流れ

短距離路線の場合(例:国内線や5時間以内の路線のフライト等)

5:00 起床し身支度を整える
7:00 出社
8:00 ブリーフィング開始
9:00 バスで空港へ移動
10:00  搭乗準備をする
11:00 お客様の搭乗開始
11:30 飛行機出発
17:00 目的地に到着しお客様の降機開始
18:00 つかの間の休憩
19:00 次便に向けて準備 (搭乗準備〜到着までの流れは上記と同じ)
23:00 退社

長距離路線の場合(例:10時間以上の路線のフライト等)の場合

20:00 出勤
21:00 ブリーフィング開始
22:00 バスで空港へ移動
23:00 搭乗準備をする
24:00 お客様の搭乗
24:30 飛行機出発
7:00(現地時刻)  目的地に到着客しお客様の降機開始
8:00 飛行機を降り宿泊先のホテルへ向かう
9:00 ホテル到着、退勤

「外資系航空会社の客室乗務員」の給料・残業・有給休暇について

私の場合ですが、月給は約25〜30万円(月の勤務時間より異なる)で、 ボーナスは、20万円程で年二回ありました。ちなみに、年収は400万程度でした。

急なスケジュール変更や、遅延による残業等が発生します。ただ、有給休暇はほぼ100パーセント取得できます。

この仕事で、働いているときに困ったこと

なにがともあれ体力が必要な仕事だということです。

出勤時間がバラバラな上、時差ボケなどもしょっちゅうであり、かなり不規則な生活を送ることになります。そのために、時間の管理と自身の健康管理に気をつけている人が多いです。

働き始めの頃は慣れず、体調を崩したことも多々ありました。特に風邪で耳が詰まってしまうと航空中耳炎にかかることもありました。しかし、休日もジムに通い体力をつけたり、栄養ある食事を心掛けるなどし、身体を適応させていきました。

この仕事や職場でよかったこと

大きな利点は、自社や提携の航空会社のチケットを割引価格で購入できることです。

路線や会社にも異なりますが、通常運賃の約四分の一程度の値段で買うことができるため、お得に旅行に行くことができます。自分以外にも自分の配偶者、子供、親まで割引を使うことができます。

その他の利点としては、有給休暇が取りやすい点です。シフト制で、休日の希望日の申請が毎月できたりとスケジュールに関して自由が効きます。そのため予定を立てやすいです。

「外資系航空会社の客室乗務員」の仕事エピソード

大変だったことは言語の習得です。

外資系の会社にかかわらず、私はさほど英語ができるほうではなかったため語学に苦労しました。

会社での会話、訓練のテキストや会社からの通知、お知らせ等も全て英語です。このままでは付いていけないと感じたため、猛勉強を始めました。

具体的には、週に一度英会話スクールに通い、スピーキング力を高めました。英語の映画やドラマも頻繁に見ました。そして、会社の同僚(外国人)と積極的に会話をして、どんどん慣れていきました。

始めは英語が苦手で、上司から英語を伸ばすように注意されることもあったのですが、半年後には自分の英語を褒められることが多くなりました。

「外資系航空会社の客室乗務員」の職場恋愛について

職場での恋愛や結婚は、実はあまりありません(笑)。

客室乗務員がパイロットや整備士などと付き合うというのもありますが、不規則でお互いの休日を合わせることが難しいためか長続きしないカップルがほどんどです。(人によっては、長く付き合い結婚する人ももちろんいますよ!)

職場以外での出会いだと、合コンや友人の紹介で出会う人が多いようです。女性が多い職場なので横の繋がりが強く、そのような出会いの誘いは割とあります。

まとめ ー「外資系航空会社の客室乗務員」を目指す方へ

諦めなければ、夢は叶います!頑張って下さい。

この記事に関連するキーワード

民間企業研究(業界・職業情報)に関するおすすめ記事

公務員カレッジに関する新着記事

ページトップ