公務員になるための情報サイト

【平成31年度自衛隊採用試験】 「一般曹候補生」について

本記事では、平成31年度 「自衛隊採用試験」の「一般曹候補生」についてまとめました。
  
「一般曹候補生」の採用試験内容や、試験日程、合格発表日程、入隊時期など、各スケジュールの詳細をご紹介します。

2019年05月29日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに 「一般曹候補生」について
「一般曹候補生」の採用試験
まとめ
「自衛隊」のウェブサイトのURL

はじめに 「一般曹候補生」について

「一般曹候補生」とは、陸上・海上・航空自衛隊の曹になるために教育・訓練を受けている特別職の国家公務員で、それになるためには採用試験を受ける必要があります。

本記事では、この「一般曹候補生」の採用試験の日程や募集要項についてご紹介します。

「一般曹候補生」の採用試験

「一般曹候補生」とは、陸上・海上・航空自衛隊の曹となる自衛官の採用試験で、入隊後は2年9月以降の選考によって3曹へ昇任し、陸上、海上、航空各自衛隊の部隊勤務を通じて、その基幹隊員となる陸・海・空曹自衛官として養成されます。

比較的、応募資格年齢を広くとっているため、高校新卒者だけでなく、高専卒・大卒・社会人経験者まで様々な経歴を持った人材が入隊します。

「一般曹候補生」の採用試験の応募資格

「一般曹候補生」の採用試験の応募資格は、年齢要件は、18歳以上33歳未満です。

ただし、32歳の人は、採用を予定している月の末日現在で33歳に達していないことが要件となるため、注意が必要です。

「一般曹候補生」の採用試験の受付期間

「一般曹候補生」の採用試験の受付期間は、第1回は、2019年3月1日(金)~5月15日(水)、2019年7月1日(月)~9月6日(金)です。

なお、2020年3月に高等学校の卒業を予定している人、または、中等教育学校の卒業を予定している人は、第2回のみの受験となりますので、ご注意ください。

「一般曹候補生」の採用試験の試験日程

「一般曹候補生」の採用試験の試験日程は、1次試験の第1回は、2019年5月25日(土)、第2回は、2019年9月20日(金)~22日(日)の中で指定される1日です。

2次試験の第1回は、2019年6月26日(水)~7月1日(月)の中で指定される1日 、第2回は、2019年10月11日(金)~16日(水)の中で指定される1日です。

「一般曹候補生」の採用試験の合格発表

「一般曹候補生」の採用試験の合格発表は、1次試験の第1回は、2019年6月7日(金)、第2回は、2019年10月4日(金)で、2次試験の第1回は、2019年7月26日(金)、 第2回は、2019年11月8日(金)です。

「一般曹候補生」の入隊時期

「一般曹候補生」の採用試験に合格した場合の入隊時期は、2020年3月下旬~4月上旬ですが、他にも設定される場合もございますので、詳細については自衛隊ホームページをご確認ください。

参考URL:https://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/schedule/index.html

まとめ

以上、自衛隊の「一般曹候補生」の採用試験のまとめでした。

「自衛隊」のウェブサイトのURL

https://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/

自衛隊(自衛官など)に関するおすすめ記事

国家公務員に関する新着記事

ページトップ