公務員になるための情報サイト

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「公立はこだて未来大学」の基本情報について解説します。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」は、北海道函館市にある公立大学法人で、北海道の道南圏で唯一の大学です。

2019年08月08日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の沿革について
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の理念・スローガン
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学章・校歌について
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学長について
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の本拠地・キャンパス
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の教職員数について
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学生数について
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学部について
公立大学法人「公立はこだて未来大学」大学院について
公立大学法人「公立はこだて未来大学」の財務状況について
まとめ
公立大学法人「公立はこだて未来大学」のウェブサイトのURL
そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

はじめに

公立大学法人「公立はこだて未来大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、北海道函館市にあり、2000年(平成12年)に設置された公立大学法人です。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の入試の偏差値は、45程度のようです。

今回は公立大学法人「公立はこだて未来大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の沿革について

公立大学法人「公立はこだて未来大学」は、1997年(平成9年)に函館市、上磯町、大野町、七飯町、戸井町の1市4町(現在、合併により2市1町)で組織する函館圏公立大学法人広域連合が設置されました。

その後、2000年(平成12年)に「公立はこだて未来大学」が開学、2003年に「公立はこだて未来大学大学院」が開設され、2008年(平成20年)に公立大学法人「公立はこだて未来大学」が設立されました。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の理念・スローガン

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の理念・スローガンは、「『人間』と『科学』が調和した社会の形成を願い、深い知性と豊かな人間性を備えた創造性の高い人材を育成するとともに、知的・文化的・国際的な交流拠点として地域社会と連携し、学術・文化・産業の振興に貢献すること」です。

この理念のもと、公立大学法人「公立はこだて未来大学」は、「情報系単科大学として、20世紀末から爆発的に進展をつづける情報社会のグローバル化に呼応しながら、システム情報科学を基軸にした人材の育成と研究の未来、そして地域の未来を拓くこと」を目的としています。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学章・校歌について

学章について

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学章は、確認できませんでしたが、大学のホームページ上では、赤い幾何図形がシンボルマークとして使用されています。

校歌について

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の校歌については、確認できませんでした。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学長について

現在の公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学長は、「片桐 恭弘(かたぎり やすひろ)」さんです。

「片桐 恭弘」さんの経歴ですが、1981年(昭和56年)に東京大学大学院工学系研究科を卒業、工学博士を取得、日本電信電話公社(現NTT)に入社、1995年(平成7年)に国際電気通信基礎技術研究所・ATR知能映像通信研究所室長に就任、2002年にATRメディア情報科学研究所所長に就任されました。

その後、2004年(平成16年)に公立はこだて未来大学システム情報科学部教授に就任、2005年に同大学教授に就任した後、2016年(平成28年)に公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学長に就任しました。

学長の「片桐 恭弘」さんは、公立大学法人「公立はこだて未来大学」が、函館圏、道南圏に根ざす「新たな知の創造拠点」として独自の教育・研究を展開することによって、自発的に学び、問題解決力とコミュニケーションを通じた協調性のある人材の育成に努めています。

なお、「片桐 恭弘」さんは、公立大学法人「公立はこだて未来大学」の第3代目の学長です。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の本拠地・キャンパス

公立大学法人「公立はこだて未来大学」には、本拠地(本部キャンパス)のある「函館キャンパス」があります。

この「函館キャンパス」は、システム情報科学部があるほか、情報ライブラリー、実験室、アトリエ、コンピュータ教室、工房、体育館、講堂などが置かれています。

なお、「函館キャンパス」は、北海道函館市にあり、最寄り駅は、「JR函館駅」または「JR新函館北斗駅」です。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の教職員数について

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の教職員数の総数は、86人で、このうち職員数は、16人で、教員数は、70人です。

教職員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 公立大学法人「公立はこだて未来大学」の教職員数
参考URL:http://www.kodaikyo.org/ui/h27/?page_id=74
https://www.fun.ac.jp/control-panel/wp-content/uploads/2018/10/H30kouhyou_kyouinsu.pdf 

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学生数について

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の平成30年5月1日現在の学生数は、学部学生数は、1,050名で、大学院学生数は、128名です。

参考URL:https://www.fun.ac.jp/control-panel/wp-content/uploads/2018/06/H30.5_department.pdf
https://www.fun.ac.jp/control-panel/wp-content/uploads/2018/06/H30.5_graduate-school.pdf

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の学部について

公立大学法人「公立はこだて未来大学」には、「システム情報科学部」があります。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」大学院について

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の大学院には、「システム情報科学研究科」があります。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」の財務状況について

平成29年度の決算報告書では、公立大学法人「公立はこだて未来大学」の収入は、24億2,437万578円ということです。

その主な内訳は、運営費交付金、授業料・入学料および検定料、受託研究等収入などです。

参考URL:https://www.fun.ac.jp/control-panel/wp-content/uploads/2014/03/8-3_29kessanhoukoku-1.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「公立はこだて未来大学」は、入学時に所属学科を未定とし、1年次に基礎力、2年次に専門力、3年次に実践力、4年次に発展力を養う段階的なカリキュラムを特徴とする公立大学です。

公立大学法人「公立はこだて未来大学」のウェブサイトのURL

参考URL:https://www.fun.ac.jp/

そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/472

国立大学法人等職員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ