公務員になるための情報サイト

公立大学法人「青森県立保健大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学法人の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「青森県立保健大学」の基本情報について解説します。

公立大学法人「青森県立保健大学」は、青森県青森市にある公立大学法人で、保健医療福祉のスペシャリストの育成に力を入れている大学です。

2019年10月06日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
公立大学法人「青森県立保健大学」の沿革について
公立大学法人「青森県立保健大学」の理念・スローガンについて
公立大学法人「青森県立保健大学」の学章・校歌について
公立大学法人「青森県立保健大学」の学長について
公立大学法人「青森県立保健大学」の本拠地・キャンパスについて
公立大学法人「青森県立保健大学」の教職員数について
公立大学法人「青森県立保健大学」の学生数について
公立大学法人「青森県立保健大学」の学部について
公立大学法人「青森県立保健大学」大学院について
公立大学法人「青森県立保健大学」の財務状況について
まとめ
公立大学法人「青森県立保健大学」のウェブサイトのURL
そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

はじめに

公立大学法人「青森県立保健大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、青森県青森市にあり、1999年(平成11年)に設置された公立大学法人です。

公立大学法人「青森県立保健大学」の入試の偏差値は、学部によって変わりますが、48~56程度のようです。

今回は公立大学法人「青森県立保健大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「青森県立保健大学」の沿革について

公立大学法人「青森県立保健大学」は、1995年(平成7年)に「青森県立保健医療大学(仮称)開設準備委員会」が設置、1998年に大学名称が「青森県立保健大学」に決定され、1999年(平成11年)に開学されました。

その後、2003年に大学院博士前期課程(修士課程)が開設、2005年に大学院博士後期課程(博士課程)が開設、2008年(平成20年)に公立大学法人「青森県立保健大学」に移行されました。

公立大学法人「青森県立保健大学」の理念・スローガンについて

公立大学法人「青森県立保健大学」の理念・スローガンは、「人々の健康と生活の質の向上を掲げ、「いのち」を育んできた創造性と四季豊かな自然に恵まれた地域特性を生かした教育研究活動を進め、ヒューマンケアを実践できる人間性豊かな人材を育成するとともに、青森県立保健大学を地域に開かれた大学として地域社会、ひいては国際社会の発展に寄与する。」です。

この理念のもと、公立大学法人「青森県立保健大学」は、下記の5つを目に掲げています。

1)生命への畏敬の念と倫理観と幅広い教養を身に付けた人材を育成する。
2)保健、医療、福祉の連携・協調に向けて中核的な役割を果たせる人材を育成する。
3)地域の特性に対応し、問題を解決できる人材を育成する。
4)広大な視野を持ち、グローバルに活躍できる人材を育成する。
5)生涯学習の拠点として大学施設を開放し、開かれた大学を目指す。

公立大学法人「青森県立保健大学」の学章・校歌について

学章(シンボルマーク)について

公立大学法人「青森県立保健大学」の学章(シンボルマーク)は、大学名称の英語表記「Aomori University of Health and Welfare」の略称「AUHW」と図形とを組み合わせたデザインです。

このマークは、全体として青森県の形を表し、U部分は、ユニバース(宇宙)、ユニバーサル(普遍)、ユニバーシティ(大学)の頭文字を、円柱の球は人間と「U」が一つになった友愛や信頼を表現しています。

校歌について

公立大学法人「青森県立保健大学」の校歌は、「新たな未来へ」です。

この校歌は、「小比類巻 かほる」さんの作詞・作曲によって創作されました。

公立大学法人「青森県立保健大学」の学長について

現在の公立大学法人「青森県立保健大学」の学長は、「上泉 和子(かみいずみ かずこ)」さんです。

「上泉 和子」さんの経歴ですが、1976年(昭和51年)に聖路加国際病院に勤務、1992年に東京医科歯科大学医学部附属病院に勤務、1993年(平成5年)に兵庫県立看護大学に勤務、1999年に青森県立保健大学健康科学部看護学科の教授に就任した後、2014年(平成26年)に公立大学法人「青森県立保健大学」の学長に就任しました。

学長の「上泉 和子」さんは、公立大学法人「青森県立保健大学」が、平成30年度から導入した「青い森のカリキュラム」によって、キーワードとなる「健やか力(ヘルスリテラシー)」を向上させる人材を育成できるよう教育内容の充実に努めています。

なお、「上泉 和子」さんは、公立大学法人「青森県立保健大学」の第3代目の学長です。

公立大学法人「青森県立保健大学」の本拠地・キャンパスについて

公立大学法人「青森県立保健大学」には、本拠地(本部キャンパス)のある「青森キャンパス」があります。

この「青森キャンパス」には、「健康科学部」のほか、附属図書館、地域連携・国際センター、研究推進・知的財産センター、体育館などが置かれています。

なお、「青森キャンパス」は、青森県青森市にあり、最寄り駅は、「青森駅」です。

公立大学法人「青森県立保健大学」の教職員数について

公立大学法人「青森県立保健大学」の教員数は、94人で、職員数については、確認できませんでした。

教員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 公立大学法人「青森県立保健大学」の教員数
参考URL:http://www.auhw.ac.jp/about/kouhyou/kyouinsuu.html 

公立大学法人「青森県立保健大学」の学生数について

公立大学法人「青森県立保健大学」の平成30年5月1日現在の学生数は、学部学生数は、229名で、大学院学生数は、16名です。

参考URL:http://www.auhw.ac.jp/about/kouhyou/files/H30gakusei.pdf

公立大学法人「青森県立保健大学」の学部について

公立大学法人「青森県立保健大学」の学部には、「健康科学部」があり、下記の4つの学科があります。

1)看護学科
2)理学療法学科
3)社会福祉学科
4)栄養学科

公立大学法人「青森県立保健大学」大学院について

公立大学法人「青森県立保健大学」の大学院には、「健康科学研究科」があります。

公立大学法人「青森県立保健大学」の財務状況について

平成29年度の決算報告書では、公立大学法人「青森県立保健大学」の収入は、17億6,675万2,876円ということです。

その主な内訳は、運営費交付金、授業料収入、受託研究等収入などです。

参考URL:http://www.auhw.ac.jp/about/corp-info/files/H29kessanhoukokusyo.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「青森県立保健大学」は、「からだの健康」「こころの健康」に貢献するための教育・地域貢献活動を目指している公立大学です。

公立大学法人「青森県立保健大学」のウェブサイトのURL

参考URL:http://www.auhw.ac.jp/

そのほかの「公立大学法人」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/472

国立大学法人等職員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ