公務員になるための情報サイト

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の基本情報(沿革・職員数など)

公立大学の職員を目指す方に知っておいてほしい公立大学法人「金沢美術工芸大学」の基本情報について解説します。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」は、石川県金沢市にある公立大学で、「金沢美術工芸専門学校」「金沢美術工芸短期大学」の流れをくむ大学です。

2019年09月06日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の沿革について
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の理念・スローガンについて
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学章・校歌について
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学長について
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の本拠地・キャンパスについて
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の教職員数について
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学生数について
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学部について
公立大学法人「金沢美術工芸大学」大学院について
公立大学法人「金沢美術工芸大学」の財務状況について
まとめ
公立大学法人「金沢美術工芸大学」のウェブサイトのURL
そのほかの「公立大学」の基本情報はこちらです。

はじめに

公立大学法人「金沢美術工芸大学」は、本拠地(大学本部/キャンパス)は、石川県金沢市にあり、1955年(昭和30年)に設置された公立大学です。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の入試の偏差値は、51~57程度のようです。

今回は公立大学法人「金沢美術工芸大学」に関する基本的な情報について解説します。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の沿革について

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の沿革は、「金沢美術工芸専門学校」が設立された1946年(昭和21年)までさかのぼります。

その後、1950年に「金沢美術工芸短期大学」が設立され、1954年に「産業美術相談所」が設置された後に先の3つの機関を統合し、1955年(昭和30年)に「金沢美術工芸大学」が設立されました。

さらに、1979年(昭和54年)に大学院修士課程(絵画・彫刻専攻、産業デザイン専攻)が設置、1990年(平成2年)に大学院修士課程(芸術学専攻)が設置、1997年に大学院博士後期課程が設置され、2010年(平成22年)に公立大学法人に移行されました。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の理念・スローガンについて

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の理念・スローガンは、下記の4つです。

1)地域の文化資源を活用し、創造力を高め、個性と倫理を養い、未来を拓く人材を育成する。
2)諸分野における卓越した知識や技術を承継し、創造的で先端的な文化を発信する拠点となる。
3)芸術文化の教育における中核として地域社会を活性化し、社会に貢献する。
4)社会に対応出来る教育体制と組織を構築し、自立した大学運営と公共的な組織の発展を目指す。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学章・校歌について

学章について

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学章は確認できませんでしたが、大学のホームページ上では、鋸刃のような線でほどこした図形中に「大学」の文字を配したロゴマークが使用されています。

校歌について

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の校歌は、「そそり立つ 奥がの山」です。

この校歌の作詞は、「室生 犀星」さんで、作曲は、「平井 康三郎」さんです。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学長について

現在の公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学長は、「山崎 剛(やまざき つよし)」さんです。

「山崎 剛」さんの経歴ですが、1988年(昭和63年)に大阪市立博物館(現:大阪歴史博物館)学芸員に就任、1989年(平成1年)に関西学院大学大学院博士課程前期課程を修了、1997年(平成9年)に文化庁文化財保護部美術工芸課(現:文化財部美術学芸課) 文部技官に就任、1999年に同文化財調査官に就任しました。

その後、2003年(平成15年)に金沢美術工芸大学美術科芸術学専攻助教授に就任、2006年に同大学美術科芸術学専攻准教授に就任、2012年に同大学美術工芸学部教授に就任した後、2018年(平成30年)に公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学長に就任しました。

学長の「山崎 剛」さんは、公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学生が、日々変化する社会で芸術の果たす役割を見い出し、自分の世界観に基いた芸術に生きる力を持てる人材の育成に力を入れています。

なお、「山崎 剛」さんが、公立大学法人「金沢美術工芸大学」の何代目の学長であるかについては、確認できませんでした。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の本拠地・キャンパスについて

公立大学法人「金沢美術工芸大学」には、本拠地(本部キャンパス)のある「小立野キャンパス」があります。

この「小立野キャンパス」には、美術工芸学部、美術工芸研究科があるほか、図書館、美大ホール、共通造形センター、造形芸術総合研究所などが置かれています。

なお、「小立野キャンパス」は、石川県金沢市にあり、最寄り駅は、「金沢駅」です。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の教職員数について

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の教員数は、62人で、職員数は、確認できませんでした。

教員採用に関する情報は、下記ページをご覧ください。

> 公立大学法人「金沢美術工芸大学」の教員数
参考URL:https://www.kanazawa-bidai.ac.jp/about/organization/ 

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学生数について

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学生数の情報はありませんが、定員は、学部学生数で600名で、大学院学生数で95名です。

参考URL:https://www.kanazawa-bidai.ac.jp/about/organization/

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の学部について

公立大学法人「金沢美術工芸大学」には、「美術工芸学部」があります。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」大学院について

公立大学法人「金沢美術工芸大学」には、「美術工芸研究科」があります。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」の財務状況について

平成29年度の決算報告書では、公立大学法人「金沢美術工芸大学」の収入は、14億2,900万円ということです。

その主な内訳は、運営費交付金、授業料等収入などです。

参考URL:https://www.kanazawa-bidai.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2018/09/8f3cede78b58b96b12af2cec1f967480.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立大学法人「金沢美術工芸大学」は、自由な気風で縦横のつながりが強く、教授や講師にはアーティストが多いことを特徴とする公立大学です。

ちなみに、公立大学法人「金沢美術工芸大学」出身の有名人は、鴨居 玲さん、いもと ようこさん、宮本 茂さん、井上 涼さんなどがいらっしゃいます。

公立大学法人「金沢美術工芸大学」のウェブサイトのURL

参考URL:https://www.kanazawa-bidai.ac.jp/

そのほかの「公立大学」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/472

国立大学法人等職員に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ