公務員になるための情報サイト

「国立国際美術館」の基本情報(沿革・研究・採用情報など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「国立国際美術館」の基本情報や、沿革・研究・採用情報について解説します。

国立美術館「国立国際美術館」は、大阪府大阪市にあり、1977年(昭和52年)に開館された国立美術館です。

2019年10月17日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
国立美術館「国立国際美術館」の沿革について
国立美術館「国立国際美術館」の概要について
国立美術館「国立国際美術館」の施設・展示について
国立美術館「国立国際美術館」のシンボルマークについて
国立美術館「国立国際美術館」の館長について
国立美術館「国立国際美術館」のアクセス・営業時間について
国立美術館「国立国際美術館」の入館料について
国立美術館「国立国際美術館」の職員数について
国立美術館「国立国際美術館」の採用情報について
国立美術館「国立国際美術館」の財務状況について
まとめ
国立美術館「国立国際美術館」のウェブサイトのURL
そのほかの「国立美術館・国立博物館」の基本情報はこちらです。

はじめに

今回ご紹介する国立美術館「国立国際美術館」は、大阪府大阪市(京阪中之島線 渡辺橋駅近く)にあり、1977年(昭和52年)に開館された国立美術館で、収蔵作品数は、7,136点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに国立美術館「国立国際美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

国立美術館「国立国際美術館」の沿革について

国立美術館「国立国際美術館」の沿革についてご紹介します。

国立美術館「国立国際美術館」は、1977年(昭和52年)に開館され、2001年(平成13年)に独立行政法人国立美術館に移行されました。

国立美術館「国立国際美術館」の概要について

国立美術館「国立国際美術館」は、独立行政法人国立美術館が運営する国立の美術館で、大阪府大阪市にあり、愛称は「国際美」「NMAO」で、広さ13,487平方メートル、収蔵資料は5,654点で、職員は平成25年4月1日現在で14名です。

また、平成25年度の来館者数は、49万7,651人です。

参考URL:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/gskaigi/kaikaku/wg2/dai7/siryou2-2.pdf

国立美術館「国立国際美術館」の施設・展示について

国立美術館「国立国際美術館」には、地下2階および地下3階に展示室があります。

現在、この展示室で行われている展示は、下記の2つです。

1)抽象世界(1980年以降の欧米の抽象作品)
会期:2019年5月25日(土)~8月4日(日)
主催:国立国際美術館
協賛:ダイキン工業現代美術振興財団

2)コレクション特集展示 ジャコメッティちⅠ 
会期:2019年5月25日(土)~8月4日(日)
主催:国立国際美術館
協賛:ダイキン工業現代美術振興財団

国立美術館「国立国際美術館」のシンボルマークについて

国立美術館「国立国際美術館」のシンボルマークは、2004年(平成16年)に早川 良雄さんによってデザインされました。

国立美術館「国立国際美術館」の館長について

現在の国立美術館「国立国際美術館」の館長は、「山梨 俊夫(やまなし としお)」さんです。

「山梨 俊夫」さんの経歴は、東京大学文学部美学芸術学科卒業後、出版社勤務を経て1976年(昭和51年)に神奈川県立近代美術館学芸員として勤務、2004年(平成16年)に同美術館館長に就任した後、2011年(平成23年)に国立国際美術館館長に就任しました。

なお、「山梨 俊夫」さんは、国立美術館「国立国際美術館」の第7代目の館長です。

国立美術館「国立国際美術館」のアクセス・営業時間について

国立美術館「国立国際美術館」は、大阪府大阪市北区にあり、最寄り駅は、「渡辺橋駅」「肥後橋駅」「淀屋橋駅」「福島駅」です。

開館時間は、10:00~17:00で、金曜日・土曜日は20:00まで、7月~9月の金曜日・土曜日は21:00までです。

休館日は、月曜日(祝日の場合は翌火曜日)で、展示替え期間の休館日は、2019年5月7日(火)~5月24日(金)、8月5日(月)~8月26日(月)、12月9日
(月)~2020年1月6日(月)、3月16日(月)~4月3日(金)です。

詳細な情報については、国立美術館「国立科学美術館」のホームページなどをご確認ください。

参考URL:http://www.nmao.go.jp/info/about.html

国立美術館「国立国際美術館」の入館料について

コレクション展普通入館者は、一般は430円、大学生は130円、団体入館者は、一般は220円、大学生は70円です。

なお、高校生および18歳未満の方、65歳以上の方、障がい者の方および付添者1名は無料です。

このほかに無料観覧日があり、コレクション展以外の入館料については、展覧会によって異なります。

詳細な情報については、国立美術館「国立科学美術館」のホームページなどをご確認ください。

参考URL:http://www.nmao.go.jp/info/about.html

国立美術館「国立国際美術館」の職員数について

平成25年4月1日現在の国立美術館「国立国際美術館」職員数は、14人です。

参考URL:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/gskaigi/kaikaku/wg2/dai7/siryou2-2.pdf

国立美術館「国立国際美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

国立美術館「国立国際美術館」の財務状況について

平成30年度の、国立美術館「国立国際美術館」を運営する独立行政法人国立美術館の運営費は、128億6,359万4,871円でした。

その主な内訳は、運営費交付金、施設整備費補助金、展示事業等収入などです。

参考URL:http://www.artmuseums.go.jp/03/0302H30kessannhoukoku.pdf

なお、上記金額は、国立国際美術館、京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立新美術館、国立映画アーカイブの合算です。

まとめ

いかがでしたか?

国立美術館「国立国際美術館」は、万博公園の旧館で、第二次世界大戦以後の国内外の現代美術を中心とする美術館です。

国立美術館「国立国際美術館」のウェブサイトのURL

http://www.nmao.go.jp/

そのほかの「国立美術館・国立博物館」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/498

学芸員に関するおすすめ記事

地方公務員に関する新着記事

ページトップ