CATEGORY

検察官(検事)の仕事内容

「検察官」(検事)とは、犯罪や事件の捜査を行い、その事件の被疑者を起訴するか、不起訴にするかを決める権限を持つ国家公務員です。本ページは「検察官」の仕事内容についての一覧ページです。

  • 2020年5月14日

起訴を決定できる唯一の職業「検察官」の仕事内容

国家公務員の「検察官」の仕事内容についてのページです。「検察官」は警察によって逮捕された被疑者について事件の捜査を行い、裁判にかけるために起訴するかしないかを決定できる唯一の職業で検察庁に所属する国家公務員です。

検察官は、さらに、検事総長、次長検事、検事長、検事及び副検事に区分されます。

本ページでは、「検察官」の具体的な仕事をご紹介します。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG