CATEGORY

国会職員(衆議院・参議院)

国会職員(衆議院・参議院)に関するカテゴリです。

国会職員(衆議院・参議院)とは?

「国会職員」は、立法府である「国会」に所属する「特別職」の「国家公務員」です。「衆議院」と「参議院」の議員の活動をサポートしたり、「国会」の幅広い活動をスムーズに運営するために重要な職務を遂行します。

国会職員(衆議院・参議院)の仕事内容

立法機関の国家公務員である「国会職員」は、参議院職員または衆議院職員として、国会の運営や国政調査に関する事務(会議運営、委員会や予備的調査、一般事務)業務や、議員立法の立案・審査、修正案作成などの議員活動補佐を行います。

》国会職員(衆議院・参議院)の「仕事内容」の記事一覧

国会職員(衆議院・参議院)になるには?

立法機関の国家公務員である「国会職員」は、衆議院・参議院が実施する各々の国会職員採用試験に合格し、採用される必要があります。衆議院・参議院は独立した機関なので、職員採用も別々に行われています。

》国会職員(衆議院・参議院)の「なるには」の記事一覧

国会職員(衆議院・参議院)の給料・年収

国家公務員である「国会職員」の給与・年収は、定められた俸給と各種手当からなります。国会職員の総合職・一般職は、特別職の国家公務員ですが、行政職俸給表(一)に該当します。

》国会職員(衆議院・参議院)の「給料・年収・働き方」の記事一覧

国会職員(衆議院・参議院)の採用情報・試験対策

国会職員採用試験は衆議院・参議院のそれぞれが実施で、総合職試験(大卒程度区分)、一般職試験(大卒程度区分、高卒者区分)の3区分に分かれています。

》国会職員(衆議院・参議院)の「採用情報・試験対策」の記事一覧

国会職員(衆議院・参議院)の求人

立法機関の国家公務員である「国会職員」の採用人数は、毎年実施である衆議院・参議院から公式ホームページ上で発表されます。採用も各院が担当します。

  • 2019年7月14日

【立法府で働く公務員】「衆・参議院」と「国会図書館」の採用試験「倍率」

立法府が実施する「国家公務員試験」の種類 日本の「国家公務員」は、三権分立を担う、行政府、裁判所、立法府それぞれに所属しています。その中でも立法府は国会を指しており、国会の中には「衆議院」「参議院」「国会図書館」などの組織があります。 国会 […]

  • 2017年8月3日

国会を支える国家公務員「国会職員」の仕事内容について

国会職員の仕事内容とその役割 国会職員は国会議員を補佐するために国会の様々な場所に所属する国家公務員です。 待遇としては一般職の国家公務員と同じようなものですが、国家公務員に適用される国家公務員法は三権分立の観点から適用されず、国会職員にの […]

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG