CATEGORY

労働基準監督官

労働基準監督官に関するカテゴリです。

労働基準監督官 2020年度採用試験日程について

受付期間 3月27日(金)~ 4月8日(水)
第1次試験日 6月7日(日)
第1次試験合格発表日 6月30日(火)
第2次試験日 7月14日(火)~ 7月16日(木)
最終合格者発表日 8月18日(火)

労働基準監督官とは?

「労働基準監督官」は、「厚生労働省」に所属する特定の行政分野の業務に従事する「国家専門職」にあたります。「労働基準関係法令」に基づいて、「労働者」の職業生活や生命と健康を守る、「特別司法警察職員」の「国家公務員」です。

労働基準監督官の仕事内容

国家公務員である「労働基準監督官」は、全国各地の労働局、労働基準監督署に勤務し、労働者の生命や健康を守り、法律に定められた労働条件の確保・改善を図る業務を担います。

ブラック企業・ブラック労働が社会問題になる昨今、労働者の権利を守るという重要で期待されている公職です。もともと、工事現場や様々な日本の会社の現場の実情に悪い意味でも関わることになり、経営者と労働者の間に板挟みになることも多く、職務を遂行するには専門知識だけではなく非常にタフな精神力と強い職業意識が必要な仕事です。

》労働基準監督官の「仕事内容」の記事一覧

労働基準監督官になるには?

国家公務員である「労働基準監督官」になるには、人事院・厚生労働省が実施する労働基準監督官採用試験に合格し、採用される必要があります。

実際の業務に関わる「労働基準法」「労働安全衛生法」は試験にも必須ですので重点的に学ぶ必要があります。

》労働基準監督官の「なるには」の記事一覧

労働基準監督官の給料・年収

国家公務員である「労働基準監督官」の給与・年収は、定められた俸給と各種手当からなります。労働基準監督官は、行政職俸給表(一)に該当します。

》労働基準監督官の「給料・年収・働き方」の記事一覧

労働基準監督官の採用情報・試験対策

国家公務員である「労働基準監督官」の採用試験は人事院・厚生労働省によって実施され、試験内容が法文系の労働基準監督Aと理工系の労働基準監督Bの2区分に分かれています。試験レベルは大学卒業程度です。労働基準監督官の採用人数は、毎年実施である人事院の公式ホームページ「国家公務員採用情報NAVI」に公開されます。採用は厚生労働省が担当します。

》労働基準監督官の「採用情報・試験対策」の記事一覧

労働基準監督官の求人

国家専門職である「労働基準監督官」の求人に関するカテゴリです。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG