獣医師とは?

「地方公務員」として働く「獣医師」、いわゆる「動物のお医者さん」は、国家資格である「獣医師免許(認定:厚生労働省)」を持ち、ヒト以外の動物(牛、馬、豚、犬、猫、鳥などの飼育動物)の診療を業務とする専門的なスキルをもった「公務員」です。「国家公務員」の「獣医師」は「厚生労働省」や農林水産省に、「地方公務員」の「獣医師」は、各都道府県の運営する「畜保健衛生所」や「保健所」などに勤務します。

獣医師の仕事内容

地方公務員として働く「獣医師」は、都道府県庁や公的な施設に配属され、動物の健康を守る仕事や食べるお肉の検査など人の公衆衛生の保持など、様々な業務に従事します。

》獣医師の「仕事内容」の記事一覧

獣医師になるには?

地方公務員として働く「獣医師」になるには、獣医師免許を取得後、各都道府県の獣医師採用試験に合格し、採用される必要があります。

》獣医師の「なるには」の記事一覧

獣医師の給料・年収

地方公務員として採用された「獣医師」の給与・年収は、地方自治体ごとに定められた給料と通勤手当などの各種手当が給与・年収として支払われます。

》獣医師の「給料・年収・働き方」の記事一覧

獣医師の採用情報・試験対策

地方公務員の「獣医師」の採用試験は、各都道府県が実施します。

》獣医師の「採用情報・試験対策」の記事一覧

獣医師の求人

地方公務員の「獣医師」の採用人数は、実施である各都道府県から公式ホームページ上で発表されます。採用も各都道府県が担当します。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG