警察官とは?

「警察官」とは、「警察庁」や「警視庁」・「都道府県警察」に所属する「公安職」の警察職員のことです。

「警察職員」は、「警察庁」に所属する「国家公務員」と「警視庁」や「都道府県警察」に所属する「地方公務員」の警察官に区分されますが、いずれにせよ、日本国民の生活を守り、犯罪を未然に防ぐことによって、平和な社会を支える「公務員」です。

「地方公務員」の「警察官」は、「交番」のおまわりさんなどが該当し、地域の現場で働く「警察官」です。その他、「警察署」などで事務を担当する「警察事務職」や特殊な犯罪に対応する「専門職員」などがあります。

警察官の仕事内容

地方公務員である「警察官」は、通常、都道府県ごとの警察組織に所属し、該当する地域の安全・安心を守ります。

働く部門として、警務部門・刑事部門・外勤部門・防犯部門・警備部門・交通部門などがあります。近年ではサイバー犯罪に取組むためのITの専門資格や技術をもった部門も設立され、警察職員となる専門家が募集されています。

都道府県系の組織構造としては、警察本部(東京都は警視庁)>警察署>交番・駐在所が基本です。さらに都道府県公安委員会が置かれ、都道府県警察を管理しています。

》警察官の「仕事内容」の記事一覧

警察官になるには?

地方公務員である「警察官」になるには、主に各都道府県が実施する警察官採用試験に合格し、採用される必要があります。採用後は、警察学校に入校し、警察官としての必要な知識・技能を修得し、その後、巡査として特定の部へ配属されます。

》警察官の「なるには」の記事一覧

警察官の給料・年収

地方公務員の「警察官」の給与・年収は、地方自治体ごとに定められた給料と通勤手当などの各種手当が給与・年収として支払われます。

》警察官の「給料・年収・働き方」の記事一覧

警察官の採用情報・試験対策

地方公務員の警察官採用試験は、各都道府県が実施で、試験内容も異なります。試験の種類は主に大学卒業程度、高校卒業程度の2つがあります。また、受験資格に身体基準が設けられているのも特徴です。

》警察官の「採用情報・試験対策」の記事一覧

警察官の求人

地方公務員の「警察官」の採用人数は、毎年実施である各都道府県から公式ホームページ上で発表されます。採用も各都道府県が担当します。男性・女性で区分けして採用枠人数を設定しているところもあります。

  • 2019年5月14日

「N県」で働く 「警察官」の仕事内容・給料レポート

はじめに 「N県」で働く、女性の「警察官」のキャリアレポートです。 ちなみに、その方は、社会福祉士の資格を持っているそうです。 「警察官」を目指した理由 市民、国民の日常を守る仕事に魅力を感じたからです。 非常事態の際に、ダイレクトに動ける […]

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG