消防士・レスキュー隊員とは?

「消防士」は、主に各市町村自治体に所属する地方公務員(消防職員)で、正しくは消防吏員(しょうぼうりいん)といい、「消防士」はその階級の一つです。また俗称として「消防官」も使われています。 「レスキュー隊」は、「特別救助隊」の通称で、人命救助のエキスパートで、通常、消防士としてキャリアをつみ試験に合格することで「レスキュー隊員」になることができます。 「消防士」や「レスキュー隊」は、火災や地震などの災害から市民の生命や財産を守るため、消防、救急、予防、特別救助活動などに従事します。管轄は、東京都では「東京消防庁」、道府県では、それぞれの「市町村」が主に担当しています。

消防士・レスキュー隊員の仕事内容

地方公務員の「消防官」は、各自治体に所属し、消防車両などを活用する消火業務に従事します。その他、司令業務、救助業務、救急業務、火災予防業務などの業務があります。 消防士が勤務する消防署の消防現場チームは消火を行うポンプ隊・救急隊・特別救助隊(レスキュー隊)などで構成され、それぞれの役目に応じた仕事を行います。

》消防士・レスキュー隊員の「仕事内容」の記事一覧

消防士・レスキュー隊員になるには?

地方公務員である「消防官」は、各市町村が実施する消防官採用試験に合格し、採用される必要があります。採用後は、消防学校(全寮制)に入校し、講義・実習や集団生活などの教育・訓練を数ヵ月間受けた後、各消防署などに配属されます。

》消防士・レスキュー隊員の「なるには」の記事一覧

消防士・レスキュー隊員の給料・年収

地方公務員である「消防官」の給与・年収は、地方自治体ごとに定められた給料と通勤手当などの各種手当が給与・年収として支払われます。

》消防士・レスキュー隊員の「給料・年収・働き方」の記事一覧

消防士・レスキュー隊員の採用情報・試験対策

地方公務員の消防官採用試験は、主に各市町村が実施です。試験の種類は主に大学卒業程度、高校卒業程度の2つがあります。体力検査や身体基準もあります。東京消防庁など特殊な地域もあり、地方公務員の警察官同様、該当実施自治体で内容が異なりますので、各自治体の情報を確認する必要があります。

》消防士・レスキュー隊員の「採用情報・試験対策」の記事一覧

消防士・レスキュー隊員の求人

地方公務員の「消防官」の採用人数は、毎年実施である各地方自治体の消防局などから公式ホームページ上で発表されます。採用も各地方自治体が担当します。


  • 2019年3月6日

東京消防庁インターンシップ2019が8月2日より開催!

「東京消防庁」では、学生の皆さんが実際に消防庁の仕事を体験できる「東京消防庁インターンシップ2019」についての紹介ページです。 「東京消防庁」は、東京都が設置する特別区の消防本部で、日本の消防行政の企画・立案や法令の策定や、消防大学校や消防研究センタなどの運営を行っています。

  • 2019年1月13日

【街を守るヒーロー】消防官・レスキューになる方法まとめ

全国の地方自治体の地方公務員である「消防官」になるにはどうすればよいか、採用試験などについてまとめました。 地方公務員の「消防官」になるには、まず地方自治体ごとに行われる「消防官」の採用試験を受験することが必要です。今回は「消防官」になるために必要な採用試験の内容や倍率についてご紹介します。

  • 2018年11月15日

【地方公務員】実は子育て等と両立しやすい!女性の「消防士」の仕事特集

「消防士」は火災現場での力の必要な仕事が印象的なため、男性の仕事というイメージが強く、やはり男性職員が多数を占めますが、実は「女性消防士」の役割も非常に重要です。 今回は「女性消防士」がどのように活躍し、また出産や子育てと業務の両立を実現させているのかを特集します。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG