CATEGORY

国立大学法人など職員

国立大学法人など職員に関するカテゴリです。

国立大学法人など職員とは?

本カテゴリ「国立大学法人など職員」では、「国立大学法人」やそれに準ずる「学校・専門学校」などの事務局や学部事務、または図書館などで働く職員について解説します。

「国立大学」は、もともとは文部科学省管轄の機関でしたが、2004年(平成16年)4月に法人化され国立学校設置法に基づき「国立大学法人」へと変更されました。

これにより、「国立大学法人」などの職員の身分は、「国家公務員」から非公務員型の法人職員へと移行しました。あわせて採用方法も人事院が実施する「国家公務員採用試験」から「国立大学法人」などが合同で実施する採用試験に変更されました。

国立大学法人など職員の仕事内容

大学の場合は、教授などの「教員」と大学の運営・事務職の「職員」に大きく分かれます。「国立大学法人等職員」の仕事内容は、大学経営・運営、学生支援、人事・総務、財務など多岐に渡ります。

》国立大学法人の「仕事内容」の記事一覧

国立大学法人など職員になるには?

「国立大学法人等職員」になるには、全国7地区に分かれた職員採用試験実施委員会が実施する試験に合格し、採用される必要があります。

》国立大学法人の「なるには」の記事一覧

国立大学法人など職員の給料・年収

「国立大学法人等職員」の給与・年収は、法人ごとに定められた給与・年収ルールからなります。国立大学法人等職員は、原則、非公務員型の法人職員です。

》国立大学法人の「給料・年収・働き方」の記事一覧

国立大学法人など職員の採用情報・試験対策

国立大学法人等職員採用試験は、職員採用試験実施委員会が実施で、試験は大学卒業程度の内容です。

》国立大学法人の「採用情報・試験対策」の記事一覧

国立大学法人など職員の求人

「国立大学法人等職員」の採用人数は、実施である職員採用試験実施委員会から公式ホームページ上で発表されます。採用も実施委員会が担当します。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG