公務員になるための情報サイト

消防官・レスキュー

「消防官」は、主に各市町村自治体に所属する地方公務員(消防職員)です。消防官やレスキュー隊として、災や地震などの災害から市民の生命や財産を守るため、消防、救急、予防、特別救助活動などに従事します。管轄は、東京都では東京消防庁、道府県では、それぞれの市町村が主に担当しています。

「消防官・レスキュー」に関連する記事一覧

新着順人気順

42件中 1〜10件を表示

鋼の肉体を作ろう!「消防士」が行っているトレーニング

鋼の肉体を作ろう!「消防士」が行っているトレーニング

火災現場や事故、災害現場に駆け付け、消火、救助、救急活動を行っているのは言わずと知れた消防士です。日々過酷な現場で迅速かつ確実な活動ができるように、消防士はトレーニングを行っています。今日は、地方公務員として活躍する「消防士」のトレーニングについて解説します。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容
災害派遣医療チーム「DMAT」「DPAT」とは?誕生の経緯と活動内容

災害派遣医療チーム「DMAT」「DPAT」とは?誕生の経緯と活動内容

地震を始めとして台風や竜巻、大雨や津波など、災害大国である日本で私たちは暮らしています。そして多くの災害を経験した国民だからこそ、災害に対する対応力も高く、多くの機関が存在しています。今回は、その中の一つ、災害現場で活躍する医療チーム「DMAT」「DPAT」の発足の経緯や活動内容について解説します。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容
【事務方から救助隊員まで】消防職員の給料体系について知ろう

【事務方から救助隊員まで】消防職員の給料体系について知ろう

私たち市民との距離も近い、身近な公務員として知られている消防職員。子供のころに消防職員に憧れ、そのまま将来の道として選び、実際に活躍している人も多くなっています。ここでは、実際に消防職員を目指す人も知っておきたい消防職員のお給料についてまとめました。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 給料
「敗北感」「葛藤」…隊員があの日目にした光景 東日本大震災当日の体験談

「敗北感」「葛藤」…隊員があの日目にした光景 東日本大震災当日の体験談

地方公務員の仕事特集、今回は、特別機動救助隊「スーパーレスキュー仙台」の災害活動についてです。 東北地方太平洋沖地震による東日本大災害は2011年(平成23年)3月11日に発生しました。観測史上最大規模の地震や津波を襲った仙台市で、当時、救助活動に当たった隊員の体験について、うかがいました。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容
【救助隊の訓練 応用編】進化する救助隊の訓練と都市型検索救助技術とは

【救助隊の訓練 応用編】進化する救助隊の訓練と都市型検索救助技術とは

日本全国の救助隊は、基本となる救出活動訓練として消防救助操法に則った訓練を日々行っています。さらに、基本を生かしてより多くの救助活動を行える応用的な訓練も行っています。今回は、救助隊の訓練の中でも、より高度で専門的な応用訓練について紹介します。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容
【知ってる?「消防団員」と「消防士」の違い】その役割と仕事内容

【知ってる?「消防団員」と「消防士」の違い】その役割と仕事内容

一般の人に区別されにくい「消防団員」と「消防士」の役割の違いや仕事内容について解説します。消防団員も実は地方公務員だったり、気になる年収などについても解説します。私達の生命や財産を火災などの災害から守ってくれる消防関係の公務員について、本ページで学びましょう。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容

消防官・レスキューのカテゴリ

消防官・レスキューに関するおすすめ記事

ページトップ