公務員になるための情報サイト

地方上級(地上)の採用

地方上級公務員試験は、東京特別区、都道府県庁と政令指定都市で実施される大卒程度試験です。名称は自治体ごとに異なり、上級職以外にⅠ類、Ⅰ種などと定義されています。地方上級公務員試験の難易度は、地方公務員試験の中では最も難易度が高いとされ、「国家公務員一般職」と同等程度といわれています。

千葉県庁では、教養試験や専門試験の一次試験と人物試験の二次試験で合格し、採用される必要があります。試験区分も一般行政以外にも心理、林業、水産、建築など自治体によって特色がありますので、地方自治体ごとに調べる必要があります。

地方上級公務員は、東京特別区、都道府県庁と政令指定都市の実施で採用人数も異なります。採用人数は、通常、該当する自治体の職員募集の公式ホームページ上で公表されます。

「地方上級(地上)の採用」に関連する記事一覧

新着順人気順

全7件を表示

平成30年度 地方公務員「東京都職員Ⅰ類B」資格要専門職の採用試験日程

平成30年度 地方公務員「東京都職員Ⅰ類B」資格要専門職の採用試験日程

平成30年度 地方公務員採用試験の「東京都職員Ⅰ類B」専門職(区分:福祉・衛生監視・栄養士・獣医・薬剤)の試験日程のお知らせです。 東京都職員Ⅰ類Bは大学卒程度試験で、試験の区分が複数あり、一部区分に試験科目にプレゼンテーションがある「新方式」を導入していることが特徴です。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 採用
平成30年度地方公務員「東京都職員Ⅰ類B」資格不要専門職の採用試験日程

平成30年度地方公務員「東京都職員Ⅰ類B」資格不要専門職の採用試験日程

平成30年度 地方公務員採用試験の「東京都職員Ⅰ類B」専門職(区分:環境検査・林業・畜産・水産・造園・心理)の試験日程のお知らせです。 東京都職員Ⅰ類Bは大学卒程度試験で、試験の区分が複数あり、一部区分に試験科目にプレゼンテーションがある「新方式」を導入していることが特徴です。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 採用
平成30年度 地方公務員採用試験「東京都職員Ⅰ類B」技術職の試験日程

平成30年度 地方公務員採用試験「東京都職員Ⅰ類B」技術職の試験日程

平成30年度 地方公務員採用試験の「東京都職員Ⅰ類B」技術職(試験区分:土木・建築・機械・電気)の試験日程のお知らせです。 東京都職員Ⅰ類Bは大学卒程度試験で、試験の区分が複数あり、一部区分に試験科目にプレゼンテーションがある「新方式」を導入していることが特徴です。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 採用
【地方上級】神戸市「都市型創造産業統括プロデューサー」募集/説明会実施

【地方上級】神戸市「都市型創造産業統括プロデューサー」募集/説明会実施

神戸市では、地方公務員の課長級の役職である「都市型創造産業統括プロデューサー」の募集を開始しました。神戸市が取り組む「都市型創造産業」事業について、それを統括する「都市型創造産業統括プロデューサー」の仕事内容についてご紹介します。説明会も開催されますので興味のある方は参加することをおすすめします。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 採用
「神戸市」職員採用ページの公式サイトリニューアルと採用説明会開催

「神戸市」職員採用ページの公式サイトリニューアルと採用説明会開催

地方公務員の採用先で人気の「神戸市」がこの春採用ホームページをリニューアルしました。 このページでは、気になるホームページのリニューアル内容や、ホームページを見て神戸市職員に興味を持ったら是非参加してほしい「採用説明会」の日程についてご紹介します。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 採用

ページトップ