公務員になるための情報サイト

警察官の仕事内容

地方公務員である警察官は、通常、都道府県ごとの警察組織に所属し、該当する地域の安全・安心を守ります。働く部門として、警務部門・刑事部門・外勤部門・防犯部門・警備部門・交通部門などがあります。近年ではサイバー犯罪に取組むためのITの専門資格や技術をもった部門も設立され、警察職員となる専門家が募集されています。都道府県系の組織構造としては、警察本部(東京都は警視庁)>警察署>交番・駐在所が基本です。さらに都道府県公安委員会が置かれ、都道府県警察を管理しています。

「警察官の仕事内容」に関連する記事一覧

新着順人気順

12件中 1〜10件を表示

【おまわりさんの仕事】地域警察の仕事内容・任務について

【おまわりさんの仕事】地域警察の仕事内容・任務について

私たち市民との距離が近く、親しみやすい「交番のおまわりさん」を始めとし、航空隊や鉄道警察隊など、幅広い任務を行う警察官が所属しているのが「地域警察」です。ここでは、地方公務員である警察官職の中で「地域警察」についての任務内容や組織、なる方法について解説します。

  1. 地方公務員
  2. 警察官
  3. 仕事内容
 【生活安全警察の仕事:その2】風俗から少年犯罪まで

【生活安全警察の仕事:その2】風俗から少年犯罪まで

「生活安全警察の仕事:その1」に引き続き、生活安全警察の仕事内容についてご紹介します。本ページでは、銃刀法や環境、保健衛生事案を扱う「生活環境課」、公営ギャンブルや風俗に関する事案や外国人労働者事案を担う「保安課」、青少年事案を取り扱う「少年育成課」および「少年事件課」について解説します。

  1. 地方公務員
  2. 警察官
  3. 仕事内容
【生活安全警察の仕事:その1】 身近な犯罪からサイバー犯罪まで

【生活安全警察の仕事:その1】 身近な犯罪からサイバー犯罪まで

【警察の仕事シリーズ】警察の生活安全課は、市民生活に寄り添った任務から、近年増加しているIT関連の犯罪まで、幅広い任務を行っているのが警察のセクションの中でも「生活安全警察」です。ここでは、生活安全警察の中の「生活経済課」を始めとした仕事の内容について解説しています。

  1. 地方公務員
  2. 警察官
  3. 仕事内容

ページトップ