公務員になるための情報サイト

消防官・レスキューの仕事内容

地方公務員の消防官は、各自治体に所属し、消防車両などを活用する消火業務に従事します。その他、司令業務、救助業務、救急業務、火災予防業務などの業務があります。消防士が勤務する消防署の消防現場チームは消火を行うポンプ隊・救急隊・特別救助隊(レスキュー隊)などで構成され、それぞれの役目に応じた仕事を行います。

「消防官・レスキューの仕事内容」に関連する記事一覧

新着順人気順

31件中 1〜10件を表示

要救助者の救助から山中の治安維持まで 「山岳救助隊」の仕事内容

要救助者の救助から山中の治安維持まで 「山岳救助隊」の仕事内容

豊富な山岳地帯にも恵まれた日本は、山からの恵みを採ったり、ハイキングや登山を楽しんだりもできます。これらの活動の中では、時に遭難や災害により救助が必要になることも。ここでは、山岳地帯での要救助者を助ける山岳救助隊について機関ごとに紹介・解説します。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容
全国の救助隊の技術を競う「全国消防救助技術大会」2017レポート

全国の救助隊の技術を競う「全国消防救助技術大会」2017レポート

予選を勝ち抜いた日本全国の救助隊の精鋭が、救助技術を競う大会「全国消防救助技術大会」2017年は宮城県仙台市で開催されました。本ページでは、これから子供にも嬉しい催し物や、防災について学べるコーナーもあります。ご家族連れも楽しめる、全国消防救助技能大会の楽しみ方をまとめました。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容
「敗北感」「葛藤」…隊員があの日目にした光景 東日本大震災当日の体験談

「敗北感」「葛藤」…隊員があの日目にした光景 東日本大震災当日の体験談

地方公務員の仕事特集、今回は、特別機動救助隊「スーパーレスキュー仙台」の災害活動についてです。 東北地方太平洋沖地震による東日本大災害は2011年(平成23年)3月11日に発生しました。観測史上最大規模の地震や津波を襲った仙台市で、当時、救助活動に当たった隊員の体験について、うかがいました。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容

消防官・レスキューの仕事内容に関するおすすめ記事

ページトップ