公務員になるための情報サイト

消防官・レスキューになるには?

地方公務員である消防官は、各市町村が実施する消防官採用試験に合格し、採用される必要があります。採用後は、消防学校(全寮制)に入校し、講義・実習や集団生活などの教育・訓練を数ヵ月間受けた後、各消防署などに配属されます。

「消防官・レスキューになるには?」に関連する記事一覧

新着順人気順

全5件を表示

【119番の謎にせまれ】消防署や消防職員に関する豆知識まとめ

【119番の謎にせまれ】消防署や消防職員に関する豆知識まとめ

子どもの憧れの職業としても挙げられる「消防士(消防官)」。実は、大人の消防ファンも多いのです!今日は、消防ファンの人もそうでない人も知りたい、消防署や消防職員に関する豆知識をまとめてみました。いつも何気なく目にしている消防署や消防職員の見る目が変わるかもしれませんよ。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. なるには?
消防職員・消防団員の殉職と東日本大震災から得た教訓とは

消防職員・消防団員の殉職と東日本大震災から得た教訓とは

危険な場所での活動も多い消防職員・消防団員は、自分の命が危険に晒されることも少なくありません。ここでは消防活動に携わる人の公務中における不慮の死、殉職について、そして多くの殉職者や行方不明者を出した東日本大震災から学んだ教訓と今後の取り組みについて解説しています。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. なるには?
【日本を支える消防官の歩み】痛みを乗り越え、進化した「消防の歴史」

【日本を支える消防官の歩み】痛みを乗り越え、進化した「消防の歴史」

小さな島国にも関わらず、年間を通じて多くの自然災害が襲ってくるのが日本です。当然、自然災害だけでなく火災や事故への対応もしなければいけません。わが国では、多くの災害を教訓に消防の組織の改革が行われてきました。今日は日本の「消防の歴史」ついて解説します。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. なるには?
消防士としての一歩からキャリアアップまで「消防の教育システム」について

消防士としての一歩からキャリアアップまで「消防の教育システム」について

【地方公務員の消防官】各自治体の消防局に属し、「消防職員」としての実際の勤務が始まる前に消防に関する知識の教育や訓練を受ける施設「消防学校」です。ここでは、消防学校を始めとした消防職員の教育システムや教育機関について解説します。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. なるには?

ページトップ