公務員になるための情報サイト

教員(小中学校・高校)の仕事内容

地方公務員の「教員(公立学校の先生)」の仕事は、学校の先生として生徒への教育サービスの提供です。勤め先となる小学校や中学校など教育施設に応じて担う業務が変わります。例として、小学校では、国語・数学・社会などの各教科を担当とホームルームなどの教室運営、中学校では、各専門教科の授業やクラブ活動の指導、高校では、より専門性の高い教科の担当や進路指導などが挙げられます。どれも児童・生徒の状況を把握し悩みの解決、成長の手助けをする重要な存在であり、ただ、学問を教えるということではなく、やりがいのある仕事です。

「教員(小中学校・高校)の仕事内容」に関連する記事一覧

新着順人気順

58件中 1〜10件を表示

「兵庫県」の「公立学校で働く語学サポート職」の仕事内容・給料レポート

「兵庫県」の「公立学校で働く語学サポート職」の仕事内容・給料レポート

現役もしくは元・公務員へのキャリア・アンケートです。 今回は、「兵庫県」の「公立学校」で働く公務員(女性)に回答いただきました。 仕事内容、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてアンケートしたものを編集して掲載しています。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. 仕事内容
【中学校の先生に聞きました!】不登校の生徒の進路指導

【中学校の先生に聞きました!】不登校の生徒の進路指導

生徒たちの進路指導をすることは、教師にとって重要な仕事の一つです。生徒は、自分の考えだけではなく、周囲の大人の助言を元に、自分の進路を決めていきます。 本記事では、中学校の先生に、「不登校の生徒の進路指導」について、コラムにして書いてもらいました。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. 仕事内容
【中学校の先生に聞きました!】役立った経験、やっておけばよかった経験

【中学校の先生に聞きました!】役立った経験、やっておけばよかった経験

イギリスに「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」ということわざがあるように、経験はなにものにも勝る知識です。 本記事では、中学校の先生に、先生になるためにやっておいて役立ったこと、やっておいたらよかったなと思うことを、コラムにして書いてもらいました。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. 仕事内容

教員(小中学校・高校)の仕事内容に関するおすすめ記事

ページトップ