公務員になるための情報サイト

教員(小中学校・高校)になるには?

地方公務員である教員は、教員免許を取得し、主に各都道府県教育委員会が実施する教員採用試験に合格し、採用される必要があります。教員免許(教員免許状)の取得は、学校教諭一種免許状などの取得したい免許状に対応した教職課程のある大学・短期大学等に入学し、法令で定められた科目及び単位を修得して卒業後、各都道府県教育委員会に教員免許状の授与申請を行うことが必要です。

「教員(小中学校・高校)になるには?」に関連する記事一覧

新着順人気順

12件中 1〜10件を表示

【他学部から「先生」へ】就職の保険としての「教員免許」の考察

【他学部から「先生」へ】就職の保険としての「教員免許」の考察

教育部でない他学部「文学部」から先生になるための「教員免許」をとった方の実体験の取得に至るまでのエピソードと、他学部から教員取得を取得することやその方法についての記事です。就職の保険として念の為、教員免許を取得したいと考える学生は少なくないと思います。今回はそういった学生におすすめの内容です。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. なるには?
学校の先生になりたい方が抑えておくべき「教員免許」の基礎知識まとめ

学校の先生になりたい方が抑えておくべき「教員免許」の基礎知識まとめ

教員免許には「普通免許状」「特別免許状」「臨時免許状」があります。更に「普通免許状」には「専修免許状」「一種免許状」「二種免許状」の3種類があります。それぞれの免許はどのようにして取得でき、どのように勤務することができるのかをまとめます。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. なるには?
通信制の学校教員免許が取れる関東地方における「学校」まとめ

通信制の学校教員免許が取れる関東地方における「学校」まとめ

関東地方にある通信課程で学校教員免許の取得を目指せる大学についてまとめました。 本部の所在地は関東地方ですが、スクーリング会場は全国展開している学校もありますので、関東地方以外の全国の方でも入学できる場合があります。通信教育で学校教員免許取得を目指す方は参考にしてみてください。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. なるには?
中学校の先生として必要なもの、身に着けておいたほうが良い「力」とは?

中学校の先生として必要なもの、身に着けておいたほうが良い「力」とは?

地方公務員である中学校の先生。今回は、教える力以外に中学校の先生にとって必要なものとはどのようなものがあるかについて実際に中学校の先生をしていた女性に解説いただきました。豊富な知識や探究心、正義感、話術、演技力、聞く姿勢、共感する心などについてお話いただきました。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. なるには?
【教員免許取得レポート】私立大学の文学部から5種類の教員免許取得した話

【教員免許取得レポート】私立大学の文学部から5種類の教員免許取得した話

教員免許は教育大学に所属しなくても、大学に教職課程があれば取得可能です。私は、私立大学の文学部人文科学科で5種類の教員免許を取得しました。この記事では、1つの事例を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。今回は、私立大学文学部人文科学科で国語・社会など5種類の教員免許を取得した事例の紹介です。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. なるには?
【先生の転職】私立小学校から公立小学校の先生に転職

【先生の転職】私立小学校から公立小学校の先生に転職

「小学校教員」というと公務員のイメージが大きいかもしれません。しかし、日本には私立小学校もあります。今回は、私立小学校へ新卒就職し、退職して公立小学校として働いている方にお話を伺いました。小学校の教員になるということの見方が変わるかもしれません。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. なるには?
【女性の先生の悩み】結婚・出世・子育てなど女性の教師特有の悩みについて

【女性の先生の悩み】結婚・出世・子育てなど女性の教師特有の悩みについて

職員室をのぞくと多少の差こそあれ、男性と女性が入り混じって仕事をしています。教員の世界は男女で優劣がつくことは少なく、比較的平等に近い職場といえます。現代の教育的な観点からしても、いわゆる男尊女卑のような考えは少ないと思います。今回は女性教員ならではのあれこれについてまとめました。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. なるには?
【指導教諭の仕事】「教育実習生」を受入れ指導する先生の仕事

【指導教諭の仕事】「教育実習生」を受入れ指導する先生の仕事

教員としてある程度の経験を積むにつれ、教科指導や生活指導など基本的な仕事から一歩踏み込んだ仕事が舞い込んでくるようになります。各種行事の取りまとめ役や主任を任されることもあるかもしれません。そういった仕事の中で、今回は私が実際に経験した「教育実習生の指導教諭」について解説します。

  1. 地方公務員
  2. 教員(小中学校・高校)
  3. なるには?

ページトップ