公務員になるための情報サイト

公務員になろう(公務員就活研究)の公務員になるために

公務員総研カレッジの「公務員になろう」コーナーの、公務員を目指す人の「就職活動」と「試験勉強」全般についての解説・まとめページです。

「公務員になろう(公務員就活研究)の公務員になるために」に関連する記事一覧

新着順人気順

39件中 1〜10件を表示

【地方公務員】地方公務員になるには?職種別に解説します

【地方公務員】地方公務員になるには?職種別に解説します

「地方公務員」になるためには、地方自治体ごとに行われる採用試験に合格し、採用される必要があります。 「地方公務員」には、行政一般職から資格が必要な教員職、福祉職、公安を担う警察職などの区分があり、試験内容や受験資格も大きく異なります。「地方公務員」になる方法を職種ごとにご紹介します。

  1. 公務員就活カレッジ
  2. 公務員になろう(公務員就活研究)
  3. 公務員になるために
【国家公務員】最も入庁してよかった中央省庁は「特許庁」と発表

【国家公務員】最も入庁してよかった中央省庁は「特許庁」と発表

オープンワーク社の「入社してよかった会社のランキング」に、国家公務員の勤務先である中央省庁のうち、唯一「特許庁」がランクインしました。 なぜ「特許庁」が入庁してよかったと思えるのか、業務内容や働きやすさに注目しながらご紹介します。

  1. 公務員就活カレッジ
  2. 公務員になろう(公務員就活研究)
  3. 公務員になるために
倍率から分析する国家公務員の採用試験 - 穴場の試験区分はある?

倍率から分析する国家公務員の採用試験 - 穴場の試験区分はある?

2019年度の国家公務員採用試験の合格者が、続々と発表されています。 近年の傾向として公務員採用試験の倍率は低下傾向にあり、きちんと対策さえすれば誰でも公務員になれる可能性が充分あります。本記事では公務員採用試験の近年の傾向について分析したものを、紹介します。

  1. 公務員就活カレッジ
  2. 公務員になろう(公務員就活研究)
  3. 公務員になるために
1都3県の地方公務員 "行政事務職" 採用試験の倍率 (2019年度)

1都3県の地方公務員 "行政事務職" 採用試験の倍率 (2019年度)

「地方公務員」の採用試験の「倍率」について、「東京都」「神奈川県」「千葉県」「埼玉県」の「都県」と「政令指定都市」の職員採用試験の2019年度の情報をまとめました。 「倍率」を比較できるよう、それぞれ「行政事務職」を含む試験区分についてご紹介します。

  1. 公務員就活カレッジ
  2. 公務員になろう(公務員就活研究)
  3. 公務員になるために
【国家公務員】「人事院」が実施する採用試験の「倍率」まとめ

【国家公務員】「人事院」が実施する採用試験の「倍率」まとめ

「国家公務員」になるためには、希望する職種の「国家公務員採用試験」を受験し合格しなければなりません。その際、気になるのが各試験の「倍率」だと思います。このページでは、「人事院」が主に実施する「国家公務員採用試験」の「倍率」をまとめます。

  1. 公務員就活カレッジ
  2. 公務員になろう(公務員就活研究)
  3. 公務員になるために
公務員に転職したい動機を何と答えましたか?イマイ先生に質問(11)

公務員に転職したい動機を何と答えましたか?イマイ先生に質問(11)

公務員試験合格アドバイザー「イマイ」先生が公務員試験や公務員に関する質問に回答するコーナーです。 第11回目は「公務員に転職したい動機を何と答えましたか?」という質問に、現役公務員がズバリ答えてくださいます。

  1. 公務員就活カレッジ
  2. 公務員になろう(公務員就活研究)
  3. 公務員になるために

公務員になろう(公務員就活研究)の公務員になるためにに関するおすすめ記事

ページトップ