公務員になるための情報サイト

労働基準監督官の仕事内容

国家公務員である労働基準監督官は、全国各地の労働局、労働基準監督署に勤務し、労働者の生命や健康を守り、法律に定められた労働条件の確保・改善を図る業務を担います。

ブラック企業・ブラック労働が社会問題になる昨今、労働者の権利を守るという重要で期待されている公職です。もともと、工事現場や様々な日本の会社の現場の実情に悪い意味でも関わることになり、経営者と労働者の間に板挟みになることも多く、職務を遂行するには専門知識だけではなく非常にタフな精神力と強い職業意識が必要な仕事です。

「労働基準監督官の仕事内容」に関連する記事一覧

新着順人気順

全1件を表示

国家公務員<専門職>「労働基準監督官」の仕事内容について

国家公務員<専門職>「労働基準監督官」の仕事内容について

ブラック企業など会社・雇用主の不正を取り締まる「警察」とも呼ばれる「労働基準監督官」の仕事内容についてまとめます。 厚生労働省の国家公務員専門職である「労働基準監督官」は、あらゆる業務を通して働く人を守っています。 今回は、その仕事内容についてまとめました。

  1. 国家公務員
  2. 労働基準監督官
  3. 仕事内容

ページトップ