公務員になるための情報サイト

外務省専門職員の仕事内容

国家公務員である「外務省専門職員」は、担当言語を母国語とする国の在外公館と外務省本省の勤務があります。外務省本省の役割は、世界中の在外公館と連係し、日本の外交政策の企画・立案を行い、日本外交の全体を担うことです。大使館・総領事館・政府代表部などの在外公館は、各国と日本の現地窓口の役割を担います。

いわゆる外交官とよばれる公職で、異なる文化での外国の人々との政策交渉を行うため、語学力はもちろん、高く継続した学習意欲が必要です。相手国に信頼される人間力、教養力や色々なケースに対応する判断力も必要とされます。

「外務省専門職員の仕事内容」に関連する記事一覧

新着順人気順

全1件を表示

外交のスペシャリスト「外務省専門職員」の仕事内容 

外交のスペシャリスト「外務省専門職員」の仕事内容 

外務省職員の中には「外務省専門職員」といって、他の職員よりも担当国の言語や、担当地域の政治、経済、文化、そのほか世界の経済協力や軍縮などのそれぞれの専門分野に精通するスペシャリストが存在します。この外交の専門家の中の専門家とも言える外務省専門職員が、具体的にどのような仕事を担当するのか解説します。

  1. 国家公務員
  2. 外務省専門職員
  3. 仕事内容

ページトップ