公務員になるための情報サイト

国家公務員一般職(国家一般)になるには?

「国家公務員一般職(国家一般職)」になるには、人事院が実施する国家一般職試験(第一次試験・第二次試験)を受けて、合格し、各官庁に採用されることでなることができます。

「国家公務員一般職(国家一般)になるには?」に関連する記事一覧

新着順人気順

全3件を表示

【国家一般になるには?】大卒や高卒から「国家公務員一般職」になる方法

【国家一般になるには?】大卒や高卒から「国家公務員一般職」になる方法

国家公務員一般職(国家一般)になって働くためには、公務員試験に合格する必要があります。公務員試験には受験資格や採用スケジュールなどが異なる3種類の試験があるのでそれぞれ解説します。また、公務員になるために必要な資格についても解説します。

  1. 国家公務員
  2. 国家公務員一般職(国家一般)
  3. なるには?
【弁護士から国家公務員へ】特定任期付国家公務員になるまで

【弁護士から国家公務員へ】特定任期付国家公務員になるまで

司法試験に合格し、検察官・裁判官ではなく、弁護士の道を選んだ方のキャリア・レポートをご紹介します。司法に関わる公務員を考えている方、必見の約2万字にわたる、司法試験の合格から就職、そして特定任期付職員(弁護士)として国家公務員になるまで経緯が詳しく書かれたレポートです。

  1. 国家公務員
  2. 国家公務員一般職(国家一般)
  3. なるには?
【国家一般】入国管理局で働くにあたって役に立つ情報まとめ

【国家一般】入国管理局で働くにあたって役に立つ情報まとめ

公務員は土日休みで転勤もない安定した職業というイメージも多いかと思いますが、そうではない職種も多くあります。国家公務員一般職である入国管理局職員について、勤務形態や残業の仕組みなど、他の公務員とは少し変わった点を中心に、勤務にまつわる情報をご紹介します。

  1. 国家公務員
  2. 国家公務員一般職(国家一般)
  3. なるには?

ページトップ