公務員になるための情報サイト

気象大学校(学生)の仕事内容

気象大学校学生は、原則、4年間入寮し、気象庁の幹部候補生としての教育を受けて、その後、気象庁または全国各地の気象台などに配属され、観測、調査、予報及び研究などの気象業務に従事します。

「気象大学校(学生)の仕事内容」に関連する記事一覧

新着順人気順

全2件を表示

台風や地震を監視する公務員「気象庁職員」の仕事内容は?

台風や地震を監視する公務員「気象庁職員」の仕事内容は?

台風や地震を監視している公務員といえば「気象庁職員」ですが、具体的な業務は多岐にわたります。 気象庁関連の機関は全国各地に存在しており、その業務内容も様々です。国民の最大の関心事の一つである「天気」のことを専門にしている「気象庁」の仕事内容について解説します。

  1. 国家公務員
  2. 気象大学校(学生)
  3. 仕事内容

ページトップ