TAG

国土交通省

国土交通省は、国の行政機関の一つで、国土交通省は、国土の総合的かつ体系的な利用、開発および保全、そのための社会資本の整合的な整備のほか、交通政策の推進、気象業務の健全な発達、ならびに海上の安全や治安の確保を図ることをその任務としています。

  • 2019年12月6日

国民を守る「防災気象情報」と新たな「警戒レベル」について 2019年版

毎年のように災害が発生する日本では、気象庁などから発表される「防災気象情報」は、自治体から発表される「避難情報」などに注意しておくことが大切です。 災害の状況を伝えるこれらの情報と新しく運用が始まった「警戒レベル」について、2019年現在の情報を元に解説します。

  • 2018年11月22日

住みよい国土作りを担当する中央官庁「国土交通省」の基本情報

交通政策の推進や海上の安全などを任務とする中央官庁「国土交通省」について解説します。 「国土交通省」は、日本の住みよい国づくりのため、総合的で体系的な国土の利用や開発のために社会資本を整備することを担う行政機関です。その基本的な情報についてまとめました。

  • 2018年10月25日

地方の交通インフラをどのように維持するのか-企業と自治体の地方創生策

地方自治体の重要な仕事の1つはその地域のインフラを維持することです。例えば、交通インフラとは電車やバスなどの公共交通機関のこと指します。 本記事では地方において交通インフラはどのような危機にさらされているのか、企業や自治体はどのような対策を行っているのかについて説明します。

  • 2018年6月2日

【老朽化から管理、再整備まで】日本のインフラを巡る問題点を再考

道路や上下水道、通信網に至るまで、社会生活を送る上で欠かせない存在がインフラ整備です。ところが、私たちが日ごろ当たり前に使っているインフラに今危機が訪れています。ここでは、今日本が抱えるインフラの諸問題と、対策について解説しています。

  • 2018年1月19日

【雪国の冬備え】豪雪地帯への国と自治体の対策と事例について

季節ごとの気温差が激しい風土を持つ日本において、雪も冬の風物詩として親しまれていますが、豪雪地帯にとって毎年の雪は生活に支障の出る災害ともなります。本日は、豪雪地帯へ毎年行われている雪への対応と豪雪地帯の指定方法、国と自治体の事例を中心にご紹介します。

  • 2017年11月29日

【道路パトロールから除雪作業まで】国交省の地方整備局内出張所のお仕事

道路が壊れてしまったり、障害物があったりすると、交通も輸送も止まってしまい、事故の原因にもなります。ライフラインの要でもある道路の安全管理、維持のために活躍しているのが、国土交通省の職員(国家一般職)です。今回は、道路パトロール隊を含んだより身近な存在である出張所の職員の仕事について解説しています。

  • 2017年9月26日

独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」に就職するには?

鉄道に関する様々な業務を担う国土交通省所管の独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」では、鉄道の建設から助成、公共の交通の再編や整備を行っています。本ページでは、「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」に就職する方法について解説します。なお、略称は、鉄道・運輸機構です。

  • 2017年8月8日

国土交通省所管の独立行政法人「航空大学校」に就職するには?

国内唯一の公的な操縦士教育訓練機関としてパイロットを育成している航空大学校では、その長い歴史と伝統を生かした教育によって数多くの優秀なパイロットを輩出しています。航空界の安全と発展を担う航空大学校に就職する方法について解説します。国土交通省所管の独立行政法人です。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG