TAG

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19))」をテーマにした記事です。

  • 2020年8月11日

アメリカ政府による新型コロナウイルス追加対策法案(2020年8月)

2020年8月現在、アメリカでは依然として新型コロナウイルス感染症の拡大が続いています。しかし、アメリカで実施されていた多くの経済支援政策は7月末から8月上旬までに有効期限を迎えてしまいます。

今回は、アメリカの「新型コロナウイルス追加対策法案」について、アメリカ在住の日本人にレポートいただきました。

  • 2020年7月23日

アフターコロナ、アメリカの大学卒業後、外国人はアメリカで働く事ができるのか?

アメリカに留学を考えている人の中には、大学卒業後にインターンシップを経験し、現地の企業に就職して、いずれは永住権を取ってずっと海外で暮らしていきたい、と思っている人がいるはずです。そして実際、過去アメリカ留学を経緯に永住権を取得して、現在アメリカで暮らしている人も沢山います。しかし果たしてアフターコロナの時代、それはまだ実現可能なのでしょうか?

本記事では、「アフターコロナ、アメリカの大学卒業後、外国人はアメリカで働く事ができるのか」についてまとめました。

  • 2020年6月5日

アメリカvs中国「新冷戦」勃発!?トランプ大統領は何を語ったのか?

今、新型コロナウイルスや香港の自治を巡る問題で、アメリカと中国は緊張状態にあります。本記事では、トランプ大統領の記者会見での発言や、両国に対する各国の反応などをまとめました。

日本にとって唯一の同盟国で経済でも密接な関係をもつアメリカの情報、公務員の方も、公務員志望の方も、是非ご参考ください。

  • 2020年6月3日

日本とは違う?アメリカのリモートワーク事情 2020年5月

世界で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症によって、日本でも、リモートワーク化が進みました。しかし、アメリカのリモートワークは、日本とは事情が違うようです。

本記事では、アメリカ在住の日本人ライターが、アメリカのリモートワークについて詳しく解説します。

公務員を目指す方も、そして公務員以外の多くの働く人々も、いずれ日本にも本格的にやってくるであろうリモートワークの風潮や傾向を知る参考にしてください。

  • 2020年6月2日

香港に「国家安全法制」導入決定!アメリカの反応は?

2020年5月28日、中国の国会で、香港に対する「国家安全法制」の制定方針が採択されました。

本記事では、アメリカに住む日本人ライターが、中国のこの決定に対するアメリカの反応についてレポートします。

日本にとって唯一の同盟国で経済でも密接な関係をもつアメリカの情報、公務員の方も、公務員志望の方も、是非ご参考ください。

  • 2020年6月2日

失業者3,900万人でもアメリカの株価急上昇中!その背景とは?

2020年6月1日現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、アメリカでは多くの失業者が出ていにも関わらず、アメリカの株価は急上昇しています。

今回は、アメリカ経済で起きている株価の動きについて掘り下げます。

日本にとって唯一の同盟国で経済でも密接な関係をもつアメリカの情報、公務員の方も、公務員志望の方も、是非ご参考ください。

  • 2020年6月1日

アメリカの大学2割が閉校の危機!コロナが大学に与えた影響

アメリカの大学が一部、閉校の危機にあることはご存知でしょうか?危機の原因は、新型コロナウイルス感染症の蔓延です。

本記事では、アメリカに住む日本人ライターが、「アメリカの大学の閉校危機」について詳しく解説します。

公務員として、この問題についてぜひ理解を深めてください。

  • 2020年5月31日

オバマ元大統領が政治工作?アメリカで話題の「オバマゲート」とは?

2020年5月25日現在、新型コロナウイルス騒動が一向に終息しないアメリカで話題になっているニュースが「OBAMA GATE(オバマゲート)」です。

本記事では、「オバマゲート」とはなにか、現地アメリカからレポートします。いま、公務員の方に、ぜひ学んで欲しい内容です。

  • 2020年5月31日

Walmartがコロナショックで躍進!? コロナ景気に湧くアメリカ企業まとめ

アメリカには、新型コロナウイルスの蔓延によって、むしろ業績を伸ばしている企業があります。

本記事では、コロナ景気に湧くアメリカ企業について、アメリカ在住の日本人ライターが、現地からレポートします。

公務員を目指す方はアメリカの経済事情を知るために、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • 2020年5月29日

5人にひとり失業… アメリカの労働者はどうなる?- 失業者3,600万人、失業率20%へ

新型コロナウイルス感染症の影響で、アメリカでは非常に多くの失業者を出しています。

史上最悪の失業ペースと言われているアメリカはいったいどうなっているのでしょうか?今回はアメリカの失業事情や、失業者たちの反応などを、アメリカから現地目線でリポートします。

  • 2020年5月29日

コロナショック対応の目玉、アメリカの中小企業を支援する「PPP」とは?

2020年5月25日現在、各国で経済活動が再開され始めています。しかし、新型コロナウイルス感染症による外出規制や休業要請などによって、多くの企業は経済的に厳しい状況になりました。

本記事では、困窮する中小企業に対してアメリカ行政府が行った支援「PPP」について説明します。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG