TAG

気象庁

気象庁は、国土交通省の外局の一つで、日本の気象事業を担当しています。気象業務は気象業務法により施行されて、気象、地震、火山、海洋などの自然現象を監視・予測し、的確な気象情報を提供することによって、自然災害の軽減、交通安全の確保、産業の発展などに寄与することを任務としています。

  • 2019年12月6日

国民を守る「防災気象情報」と新たな「警戒レベル」について 2019年版

毎年のように災害が発生する日本では、気象庁などから発表される「防災気象情報」は、自治体から発表される「避難情報」などに注意しておくことが大切です。 災害の状況を伝えるこれらの情報と新しく運用が始まった「警戒レベル」について、2019年現在の情報を元に解説します。

  • 2018年12月23日

日本に役に立つ気象情報提供を担う中央官庁「気象庁」の基本情報

日本に役に立つ気象情報提供を主な任務とする「気象庁」について解説します。 「気象庁」は、各国の気象機関や国連の世界気象機関の連携を図り、災害のおそれに関する注意報や警報、地震や火山噴火の情報も発表する国土交通省の外局です。その基本的な情報についてまとめました。

  • 2018年10月25日

【台風接近】台風から日本を守る公務員の職業について

台風が近づいてくる際に、避難情報を出し避難所等の開設準備をする各自治体職員は、非常時には役場や避難所に待機し、住民に適切に情報を伝え、住民の命を守るために奔走します。 台風に関わる公務員の仕事として、気象庁、各自治体、消防署、自衛隊の仕事について解説します。

  • 2018年2月5日

「気象庁職員」になるには? – 気象大学校から国家公務員へ

今回は天候や気象、災害情報などに関わる「気象庁職員」になる方法を解説します。気象庁職員になるには、「気象大学校に入学する」もしくは、「国家公務員試験を受け気象庁に就職する」の2つの方法があります。気象庁職員を目指す方は是非とも参考にしてみてください。

  • 2017年5月30日

「気象大学校(学生)」の学費・給料・ボーナスや休みについて

「気象大学校」は、国家公務員である気象庁職員を養成する国が運営する大学校です。この大学校の学生は、学生でありつつ公務員という身分で給料が支払われます。今回はその「気象大学校」の学生の初任給やボーナスなどの給料情報や、学生生活・大学校祭などについて解説します。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG