公務員になるための情報サイト

小柴龍太郎

刑務官など矯正職員歴37年、現在里山で晴耕雨読を享受している「小柴龍太郎」さんのエッセイ・コラム記事です。

「小柴龍太郎」に関連する記事一覧

新着順人気順

47件中 1〜10件を表示

「受刑者を雇いたい」という【協力雇用主】になるには?

「受刑者を雇いたい」という【協力雇用主】になるには?

受刑者などが出所したら雇用してもいいと言ってくれる会社の社長さんを、「協力雇用主」と言います。現在ではスムーズに受刑者の就職先の斡旋ができるようになったようですが、それまではどうだったのでしょうか? 今回は、「協力雇用主」についてのコラムです。執筆は、元・刑務官の小柴龍太郎氏です。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 仕事内容
【タタミを土足で…】刑務所にもある、日本人と外国人の感覚の違い

【タタミを土足で…】刑務所にもある、日本人と外国人の感覚の違い

日本の刑務所では「当たり前」のことも、外国人にとっては当たり前とは限りません。とても偉い方の刑務所訪問で発生した小さな事件は、その感覚の違いを象徴するものだったようです。東京オリンピックに向けて、外国人受刑者とのコミュニケーションが課題となることも考えられる今、読んでおきたいコラムです。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 仕事内容
【刑務所は刑務所を無くするためにある?】刑務所が目指す「異常なし!」

【刑務所は刑務所を無くするためにある?】刑務所が目指す「異常なし!」

刑務官が学ぶ孔子の教えに「刑は計なきを期す」という言葉があるそうです。これに倣うと、「刑務所は刑務所を無くすためにある」と考えることもでき、一見矛盾しているのでは?と思ってしまいます。今回は、刑務所が目指すべきはどのような状態なのかを考えさせられるコラムです。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 仕事内容
【刑務所長が受刑者を弔う】日本の刑務所と受刑者の関係を象徴する光景

【刑務所長が受刑者を弔う】日本の刑務所と受刑者の関係を象徴する光景

【国家公務員「刑務官」のコラム】受刑者が刑務所で亡くなるということは、意外にもよくあることだそうです。亡くなった後には色々な段取りがあり、なかなかスムーズには進まないこともあるそう。なぜスムーズに進まないのか、そこには様々な理由があるようです。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 仕事内容

ページトップ