公務員になるための情報サイト

小柴龍太郎

刑務官など矯正職員歴37年、現在里山で晴耕雨読を享受している「小柴龍太郎」さんのエッセイ・コラム記事です。

「小柴龍太郎」に関連する記事一覧

新着順人気順

51件中 1〜10件を表示

刑務官の比較的新しい表彰制度「矯正局長表彰」とは?

刑務官の比較的新しい表彰制度「矯正局長表彰」とは?

【国家公務員「刑務官」のコラム】「刑政」に掲載されている「矯正局長表彰」についてのコラムです。 今回は、刑務官の比較的新しい表彰制度について解説していきます。 表彰された方の例を紹介しながら、どのような制度なのかを解説していきます。執筆は、元・刑務官の小柴龍太郎氏です。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 給料
【刑務官の新たな期待】「国際法務総合センター」が落成

【刑務官の新たな期待】「国際法務総合センター」が落成

【国家公務員「刑務官」のコラム】、刑務官の研修を行う矯正研修所などが一か所に集約されてできた「国際法務総合センター」についてのコラムです。 「国際法務総合センター」について紹介しながら、今後に向けての新たな期待について書かれています。執筆は、元・刑務官の小柴龍太郎氏です。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 給料
【受刑者の再入率は?】再犯防止に舵を切った「刑務所」について

【受刑者の再入率は?】再犯防止に舵を切った「刑務所」について

【国家公務員「刑務官」のコラム】今回のテーマは「再犯防止に舵を切った刑務所」です。 政府による再犯防止強化策の一環として、刑務所には出所受刑者の2年以内再入率を減らすよう数値目標が課せられています。今回は受刑者の再入率について解説します。執筆は、元・刑務官の小柴龍太郎氏です。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 仕事内容
「受刑者を雇いたい」という【協力雇用主】になるには?

「受刑者を雇いたい」という【協力雇用主】になるには?

受刑者などが出所したら雇用してもいいと言ってくれる会社の社長さんを、「協力雇用主」と言います。現在ではスムーズに受刑者の就職先の斡旋ができるようになったようですが、それまではどうだったのでしょうか? 今回は、「協力雇用主」についてのコラムです。執筆は、元・刑務官の小柴龍太郎氏です。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 仕事内容
【タタミを土足で…】刑務所にもある、日本人と外国人の感覚の違い

【タタミを土足で…】刑務所にもある、日本人と外国人の感覚の違い

日本の刑務所では「当たり前」のことも、外国人にとっては当たり前とは限りません。とても偉い方の刑務所訪問で発生した小さな事件は、その感覚の違いを象徴するものだったようです。東京オリンピックに向けて、外国人受刑者とのコミュニケーションが課題となることも考えられる今、読んでおきたいコラムです。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 仕事内容
【刑務所は刑務所を無くするためにある?】刑務所が目指す「異常なし!」

【刑務所は刑務所を無くするためにある?】刑務所が目指す「異常なし!」

刑務官が学ぶ孔子の教えに「刑は計なきを期す」という言葉があるそうです。これに倣うと、「刑務所は刑務所を無くすためにある」と考えることもでき、一見矛盾しているのでは?と思ってしまいます。今回は、刑務所が目指すべきはどのような状態なのかを考えさせられるコラムです。

  1. 国家公務員
  2. 刑務官
  3. 仕事内容

小柴龍太郎に関するおすすめ記事

ページトップ