公務員になるための情報サイト

日本の災害

「日本の災害」に関するタグ一覧です。

「日本の災害」に関連する記事一覧

新着順人気順

26件中 11〜20件を表示

「気象庁職員」になるには? - 気象大学校から国家公務員へ

「気象庁職員」になるには? - 気象大学校から国家公務員へ

今回は天候や気象、災害情報などに関わる「気象庁職員」になる方法を解説します。気象庁職員になるには、「気象大学校に入学する」もしくは、「国家公務員試験を受け気象庁に就職する」の2つの方法があります。気象庁職員を目指す方は是非とも参考にしてみてください。

  1. 国家公務員
  2. 気象大学校(学生)
  3. なるには?
女性の視点による防災イベント「防災ひな祭り」が2018年3月3日に開催

女性の視点による防災イベント「防災ひな祭り」が2018年3月3日に開催

3月3日と言えば女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」の日ですよね。そんなひな祭りと防災をかけた「防災ひな祭り」が2018年3月3日、東京ミッドタウン・ホールA/Bで開催されます。今回の公務員総研ニュースでは、女性の視点による防災イベント「防災ひな祭り」 についてお届けします。

  1. 公務員ハック
  2. ニュース
  3. イベント(選挙・地方行政・中央官庁)
【雪国の冬備え】豪雪地帯への国と自治体の対策と事例について

【雪国の冬備え】豪雪地帯への国と自治体の対策と事例について

季節ごとの気温差が激しい風土を持つ日本において、雪も冬の風物詩として親しまれていますが、豪雪地帯にとって毎年の雪は生活に支障の出る災害ともなります。本日は、豪雪地帯へ毎年行われている雪への対応と豪雪地帯の指定方法、国と自治体の事例を中心にご紹介します。

  1. 公務員ハック
  2. 行政(地方・国家・その他)
  3. 地方公共団体(地方自治体)
日本の食卓と米作りが変わる?政府の減反政策撤廃とその背景について

日本の食卓と米作りが変わる?政府の減反政策撤廃とその背景について

2018年に撤廃が決まった政府の減反政策。テレビやインターネットなどの各メディアで目や耳にするようになった減反政策とは一体どんな政策だったのか、そして減反政策撤廃の背景にあるのは何か、私たちの食卓にどんな影響があるかについて解説します。

  1. 公務員ハック
  2. 政策・政(まつりごと)
  3. 公共政策・プロジェクト
【陸上自衛隊の仕事】1995年の兵庫県南部地震の話

【陸上自衛隊の仕事】1995年の兵庫県南部地震の話

1955年に淡路島の北淡町を震源地として発生した「兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)」を覚えていますでしょうか? 兵庫県南部を中心に、大きな被害をもたらした大震災です。今回は実際の自衛隊の方に「兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)」が発生した当時の状況を語っていただきました。

  1. 国家公務員
  2. 自衛隊(自衛官など)
  3. 仕事内容
消防職員・消防団員の殉職と東日本大震災から得た教訓とは

消防職員・消防団員の殉職と東日本大震災から得た教訓とは

危険な場所での活動も多い消防職員・消防団員は、自分の命が危険に晒されることも少なくありません。ここでは消防活動に携わる人の公務中における不慮の死、殉職について、そして多くの殉職者や行方不明者を出した東日本大震災から学んだ教訓と今後の取り組みについて解説しています。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. なるには?
【日本が誇る水難救助隊】水難・水害に立ち向かう「水難救助隊」とは?

【日本が誇る水難救助隊】水難・水害に立ち向かう「水難救助隊」とは?

海や川、湖など水辺での事故や災害の時に出動し、人命救助や捜索を主とした活動を行っている部隊が各組織の水難救助隊です。四方を海で囲まれ、川や湖などの水源に恵まれる日本は水辺の事故も多発しやすいため、水難事故や災害に特化した活動のできる高い技術力を持つ水難救助隊を様々な組織に配置しています。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容
【救助隊の訓練 応用編】進化する救助隊の訓練と都市型検索救助技術とは

【救助隊の訓練 応用編】進化する救助隊の訓練と都市型検索救助技術とは

日本全国の救助隊は、基本となる救出活動訓練として消防救助操法に則った訓練を日々行っています。さらに、基本を生かしてより多くの救助活動を行える応用的な訓練も行っています。今回は、救助隊の訓練の中でも、より高度で専門的な応用訓練について紹介します。

  1. 地方公務員
  2. 消防官・レスキュー
  3. 仕事内容

日本の災害に関するおすすめ記事

ページトップ