公務員になるための情報サイト

陸上自衛隊

自衛隊の一つである陸上自衛隊は、陸上における活動を主任務とする日本の国防組織です。現在のわが国における事実上の陸軍で、災害出動において被災地に直接投入され、救助、復旧を行うのが事実上の主任務としています。最近では海外派遣の主力としての活動が増え、また対テロ組織としても重要な役割を担いつつあります。

「陸上自衛隊」に関連する記事一覧

新着順人気順

18件中 1〜10件を表示

【陸上自衛隊に新部隊】新編された「陸上総隊」と「水陸機動団」とは?

【陸上自衛隊に新部隊】新編された「陸上総隊」と「水陸機動団」とは?

2018年の3月、陸上自衛隊に新たに「陸上総隊」と「水陸機動団」が設置されました。自衛隊に新たな部隊が設置されるのは、なんと昭和29年(1954年)の創隊以来のことだそうです。 今回は、新編された「陸上総隊」と「水陸機動団」についてご紹介します。

  1. 国家公務員
  2. 自衛隊(自衛官など)
  3. 仕事内容
【陸上自衛隊の「訓練指導法」】「基本教練」について解説

【陸上自衛隊の「訓練指導法」】「基本教練」について解説

訓練指導法とは、文字通り自衛官を訓練する為の指導法(技法・手法)の事です。幹部自衛官は幹部学校で、陸曹は陸曹教育隊で『過程教育』履修中に『訓練指導法』を学びます。 今回は全ての指導法の基礎となる『基本教練』をご紹介します。基本教練は『軍事教練』の事で陸上自衛隊の厳正な規律を維持する根幹です。

  1. 国家公務員
  2. 自衛隊(自衛官など)
  3. 仕事内容
自衛隊の人事施策「上級曹長制度」と「曹友会」について

自衛隊の人事施策「上級曹長制度」と「曹友会」について

自衛隊の人事施策の一つに、『上級曹長制度』という制度があります。この制度は、自衛隊の歴史の中でも新しく採用されたシステムで、陸上だけでなく、航空・海上にも取り入れられています。 今回は陸上自衛隊の上級曹長制度と、上級曹長制度に関連のある『曹友会』について、ご紹介して行きます。

  1. 国家公務員
  2. 自衛隊(自衛官など)
  3. 仕事内容
【陸上自衛隊の仕事】陸上自衛隊の仕事についての解説「戦技競技会」

【陸上自衛隊の仕事】陸上自衛隊の仕事についての解説「戦技競技会」

国家公務員である陸上自衛隊の「戦技競技会」についての解説記事です。戦技競技会とは、戦闘技術の向上と士気高揚のために射撃競技会、持続走競技会、格闘競技会などで競い合う競技大会です。今回は、戦技競技会の内容やルールなどを自衛隊の視点で解説していきます。

  1. 国家公務員
  2. 自衛隊(自衛官など)
  3. 仕事内容
【陸上自衛隊の仕事】3つの特別勤務「当直勤務」「警衛勤務」「営外巡察」

【陸上自衛隊の仕事】3つの特別勤務「当直勤務」「警衛勤務」「営外巡察」

陸上自衛隊の営内における『規律の維持』『警戒』及びその他特別の必要の為、『陸上自衛隊服務規則』の定めるところにより『特別勤務』が設けられます。特別勤務の種類は『当直勤務』『警衛勤務』『営外巡察』の三つです。今回は、陸上自衛隊の『特別勤務』についてご紹介します。

  1. 国家公務員
  2. 自衛隊(自衛官など)
  3. 仕事内容

陸上自衛隊に関するおすすめ記事

ページトップ