TAG

アメリカの歴代大統領特集

  • 2019年3月5日

アメリカの大統領 第20代 ジェームズ・ガーフィールドについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第20回目は、第20代大統領を務めたジェームズ・ガーフィールドです。ジェームズ・ガーフィールドは、大統領就任後わずか6ヶ月で暗殺されてしまった人物として知られています。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年3月3日

アメリカの大統領 第19代 ラザフォード・ヘイズについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第19回目は、第19代大統領を務めたラザフォード・ヘイズです。ラザフォード・ヘイズは、アメリカ史上最も議論を呼んだ大統領選で勝利したことでも知られている人物です。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年2月16日

アメリカの大統領 第18代 ユリシーズ・グラントについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第18回目は、第18代大統領を務めたユリシーズ・グラントです。ユリシーズ・グラントが大統領職で最も苦心したのは南部再建でもなく、民族問題でもなくスキャンダルや汚職事件でした。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年2月15日

アメリカの大統領 第17代 アンドリュー・ジョンソンについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第17回目は、第17代大統領を務めたアンドリュー・ジョンソンです。アンドリュー・ジョンソンは困難を極めたエイブラハム・リンカーン政権を急遽引き継いだため苦心した大統領でした。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年2月12日

アメリカの大統領 第16代 エイブラハム・リンカーンについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第16回目は、第16代大統領を務めたエイブラハム・リンカーンです。エイブラハム・リンカーンは現代でも最も偉大で、最も尊敬を集める大統領とされています。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年2月11日

アメリカの大統領 第15代 ジェームズ・ブキャナン・ジュニアについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第15回目は、第15代大統領を務めたジェームズ・ブキャナン・ジュニアです。ジェームズ・ブキャナンは史上最悪の大統領と評価される一方で、時代に適していなかった不遇の大統領としても知られています。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年2月10日

アメリカの大統領 第14代 フランクリン・ピアースについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第14回目は、第14代大統領を務めたフランクリン・ピアースです。フランクリン・ピアースは史上最悪の大統領と言われる反面で、優れた人間性や深い愛情を持っていた人物として知られています。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年2月4日

アメリカの大統領 第11代 ジェームズ・ポークについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第11回目は、第11代大統領を務めたジェームズ・ポークです。ジェームズ・ポークは、ヨーロッパとアメリカの間で互いに干渉しないことを主張したモンロー主義を外交理念に用いた最初の大統領でした。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年1月29日

アメリカの大統領 第9代 ウィリアム・ハリソンについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第九回目は、第9代大統領を務めたウィリアム・ハリソンです。ウィリアム・ハリソンは、大統領に就任してわずか1ヶ月、風邪をこじらせて肺炎を患って命を落とします。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年1月27日

アメリカの大統領 第8代 マーティン・ヴァン・ビューレンについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第八回目は、第8代大統領を務めたマーティン・ヴァン・ビューレンです。マーティン・ヴァン・ビューレンは歴代の大統領のなかでも唯一、英語を第一言語としない大統領です。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG