公務員になるための情報サイト

地方上級(地上)

「地方上級」とは、地方自治体に勤務する公務員の中でも、東京都特別区・都道府県庁・政令指定都市に勤務する地方公務員の呼称です。

採用区分にも上級・中級といった表現がありますが、これは、上級(大学卒程度)・中級(短大卒程度)・初級(高校卒程度)といった意味合いをもっています。ちなみに、東京都特別区とは、東京23区のことをいい、この特別区では、上級・中級・初級ではなくI類・II類・III類と区分しています。

「地方上級(地上)」に関連する記事一覧

新着順人気順

82件中 1〜10件を表示

【県庁職員に聞きました!】行政職員の仕事でやりがいに思ったこと

【県庁職員に聞きました!】行政職員の仕事でやりがいに思ったこと

どんな仕事にも、「やりがい」があります。その「やりがい」があるから、仕事に対するモチベーションを保ち、落ち込んだ時にも、また仕事を頑張ることができるのではないでしょうか。 本記事では、県庁職員のAさんに、仕事で感じたやりがいをコラムにして書いてもらいました。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 仕事内容
【県庁職員に聞きました!】県職員として身につく能力・スキルアップ

【県庁職員に聞きました!】県職員として身につく能力・スキルアップ

どんな仕事にも、その仕事を通して身につく、新しいスキルがあります。それらは、努力して身につけることもあれば、いつの間にか獲得していることもあるでしょう。 本記事では、県庁職員のAさんに、「県職員として身につく能力やスキルアップ」をコラムにして書いてもらいました。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 仕事内容
【地方上級】政令指定都市シリーズ 第一回「札幌市」

【地方上級】政令指定都市シリーズ 第一回「札幌市」

地方自治体特集 政令指定都市シリーズ第1回は「札幌市」です。 北海道の道庁所在地で、毎年恒例の「さっぽろ雪まつり」が開かれる都市としても有名ですね。国内外から約200万人もの観光客がこのイベントに集まります。そんな「札幌市」とはどんな都市なのか解説します。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. なるには?

地方上級(地上)のカテゴリ

地方上級(地上)に関するおすすめ記事

ページトップ