公務員になるための情報サイト

地方上級(地上)

「地方上級」とは、地方自治体に勤務する公務員の中でも、東京都特別区・都道府県庁・政令指定都市に勤務する地方公務員の呼称です。

採用区分にも上級・中級といった表現がありますが、これは、上級(大学卒程度)・中級(短大卒程度)・初級(高校卒程度)といった意味合いをもっています。ちなみに、東京都特別区とは、東京23区のことをいい、この特別区では、上級・中級・初級ではなくI類・II類・III類と区分しています。

「地方上級(地上)」に関連する記事一覧

新着順人気順

全8件を表示

【北海道職員の仕事】決して楽ではない公務員の仕事について

【北海道職員の仕事】決して楽ではない公務員の仕事について

北海道職員は、北海道の発展に直接関わることができる、やりがいのある職業です。しかし「公務員=楽」という世間のイメージとは違い、大変なこともたくさんあります。今回は、あまり語られることのない「北海道職員の大変なところ」を紹介します。北海道職員を目指している人はもちろん、公務員を目指す人は必見です。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 仕事内容
【地方上級】「政令指定都市」全20都市一覧・まとめ

【地方上級】「政令指定都市」全20都市一覧・まとめ

【地方上級】「政令指定都市」の「都市」について、まとめました。「政令指定都市」は、全国には20箇所あり、都道府県庁よりも市民に近く、他の市町村よりは人口規模・商業の中心などその存在は周辺都市や日本との関連も大きく深くものになっています。今回は、その政令指定都市について解説します。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. なるには?
地方上級「東京都職員」の給料・平均年収・退職金について

地方上級「東京都職員」の給料・平均年収・退職金について

地方公務員(地方上級)の東京都職員の平均の月給料や年収モデル、参考初任給や定められている福利厚生についてご紹介します。東京都は一般的に、東京都区部、多摩地域、東京都島嶼部に分けられ、現在基礎自治体として23区、26市、5町、8村の合計62市町村が存在し、約二万人の職員が働いています。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. 給料
国と地域をつなぐ地方公務員「地方上級」になるには?

国と地域をつなぐ地方公務員「地方上級」になるには?

地方公務員は、各地方自治体に所属し、その地域のために働きます。今回はその地方公務員の中で、「地方上級」と呼ばれる区分について解説します。「地方上級」は、都道府県庁や東京都特別区、政令指定都市の大卒程度試験の試験区分および、その職区分のことをいいます。

  1. 地方公務員
  2. 地方上級(地上)
  3. なるには?

地方上級(地上)のカテゴリ

ページトップ