公務員になるための情報サイト

海の保安を行う国家公務員になるための教育機関「海上保安学校」に入るには

海洋秩序の維持や海難の救助など「海の危機管理」の仕事にあたる国家公務員「海上保安官」になるための教育機関「海上保安学校」に入学するための解説ページです。「海上保安学校」は、京都府舞鶴市にあり、海上保安官である海上保安庁の一般職員を養成する学校です。

2017年04月13日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
海上保安庁の各分野における専門の職員を養成する教育機関

海上保安庁の各分野における専門の職員を養成する教育機関

海上保安学校に入学する方法

海上保安学校に入学すると、国家公務員として給料をもらいながら、「学生」として、海上保安官としての育成をされます。その海上保安学校へ入学するためには、人事院・海上保安庁が実施する「海上保安学校学生採用試験」に合格し採用される必要があります。

海上保安学校学生採用試験は、高校卒業程度の学力のもので、4つの課程の試験区分があり、どれかが1つ選択し、受験することになります。

▼4つの課程となる試験区分は下記の通りです。
1) 船舶運航システム課程(航海コース・機関コース・主計コース)
2) 航空課程
3)情報システム課程
4)海洋科学課程

この記事に関連するキーワード

海上保安学校(学生)に関するおすすめ記事

国家公務員に関する新着記事

ページトップ