市役所職員(市町村職員)とは?

「市役所職員(市町村職員)」は、該当の地方自治体(地方公共団体)に所属し、地域住民の日常生活に必要な行政サービスを行う「地方公務員」です。主な仕事の種類として「事務系(一般行政職)」と「技術系(技術職)」に分かれますが、所属する自治体ごとに異なり、特色もあります。

市役所職員(市町村職員)の仕事内容

地方公務員である「市役所職員(市町村職員)」の仕事は、幅広い事務作業全般を行う「事務系職」と、土木、建築、化学、情報などの専門知識・技術を要する「技術系職」、福祉職や心理職の「資格免許職」があり、所属する地方自治体によって、部署や仕事内容にも特徴・特色があります。

事務系では、地域住民の行政窓口として、地域住民の生活に密着した戸籍住民登録やごみ処理、市営施設の運営などを担います。

》市役所職員(市町村職員)の「仕事内容」の記事一覧

市役所職員(市町村職員)になるには?

地方公務員である「市役所職員(市町村職員)」になるには、各地方自治体が実施する職員採用試験に合格し、採用される必要があります。採用試験内容、日程、実施要領も地方自治体によって異なります。

》市役所職員(市町村職員)の「なるには」の記事一覧

市役所職員(市町村職員)の給料・年収

地方公務員である「市役所職員(市町村職員)」の給与・年収は、地方公務員法の規定に従い、地方自治体ごとに定められた給料と通勤手当などの各種手当が給与・年収として支払われます。

》市役所職員(市町村職員)の「給料・年収・働き方」の記事一覧

市役所職員(市町村職員)の採用情報・試験対策

地方公務員である市役所職員採用試験は、各地方自治体が実施で、主に大学卒業程度、短大卒業程度、高校卒業程度の試験に区分されますが、地方自治体によって異なります。

》市役所職員(市町村職員)の「採用情報・試験対策」の記事一覧

市役所職員(市町村職員)の求人

地方公務員である「市役所職員」の採用数は、各地方自治体が実施で採用人数も異なります。通常、各地方自治体の職員募集の公式ホームページ上で公表されます。

  • 2021年4月30日

市役所は人手不足なんですか?

「公務員の数をもっと減らすべきじゃないか」「もっと効率よく仕事を回せないのか」

一部報道や市民の声として、公務員に対する厳しい意見を耳にすることがあります。

ただ、実際のところ既に公務員の数は減ってきているんです。 今回は、「市役所の職員数」について、現実とリスクを説明していきます。

  • 2021年4月20日

「市役所職員は毎日定時で帰れる」というのは本当ですか?

市役所職員と聞くと「土日祝日は基本的に休み」、「定時で帰れる」といったイメージが浮かぶのではないでしょうか。

ワークライフバランスが重要視される中で、「定時に帰れる」というのは大きなメリットですよね。

ただ、実際のところはどうなんでしょうか。今回は、そんな疑問にお答えします。

  • 2021年1月1日

中核市シリーズ第59回「吹田市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第59回は「吹田市」です。

大阪府にある「吹田市」の人口は2020年4月1日時点で約38万1千人と、愛知県岡崎市に次いで国内46番目です。そんな「吹田市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年12月30日

中核市シリーズ第60回「水戸市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第60回は「水戸市」です。

茨城県にある「水戸市」の人口は2020年4月1日現在で、約26万9千人と青森県青森市に次いで国内73番目です。そんな「水戸市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年12月28日

中核市シリーズ第58回「那覇市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第58回は「那覇市」です。

沖縄県にある「那覇市」の人口は2020年4月1日時点で約31万7千人と、北海道旭川市に次いで国内63番目です。そんな「那覇市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年12月20日

中核市シリーズ第52回「久留米市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第52回は「久留米市」です。

福岡県にある「久留米市」の人口は2020年4月1日時点で約30万3千人と、秋田県秋田市に次いで国内67番目です。そんな「久留米市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年12月18日

中核市シリーズ第51回「高知市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第51回は「高知市」です。

高知県にある「高知市」の人口は2020年4月1日時点で約32万8千人と、福島県郡山市に次いで国内61番目です。そんな「高知市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年12月16日

中核市シリーズ第50回「松山市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第50回は「松山市」です。

愛媛県にある「松山市」の人口は2020年4月1日時点で約50万9千人と、栃木県宇都宮市に次いで国内27番目です。そんな「松山市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年12月11日

中核市シリーズ第46回「福山市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第46回は「福山市」です。

広島県にある「福山市」の人口は2020年4月1日時点で約47万人と、石川県金沢市に次いで国内33番目です。そんな「福山市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年12月9日

中核市シリーズ第48回「下関市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第48回は「下関市」です。

山口県にある「下関市」の人口は2020年4月1日時点で約25万人と、神奈川県平塚市に次いで国内79番目です。そんな「下関市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年12月7日

中核市シリーズ第49回「高松市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第49回は「高松市」です。

香川県にある「高松市」の人口は2020年4月1日時点で約41万8千人と、愛知県豊田市に次いで国内37番目です。そんな「高松市」とはどんな都市なのか解説します。

  • 2020年11月28日

中核市シリーズ第47回「呉市」について

地方自治体特集「中核市」シリーズ、第47回は「呉市」です。

広島県にある「呉市」の人口は2020年4月1日現在で約21万人と、群馬県太田市に次いで国内96番目です。そんな「呉市」とはどんな都市なのか解説します。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG