CATEGORY

コラム:テーマ「アメリカ」

「アメリカ合衆国」をテーマにしたコラム・情報ページです。

  • 2022年9月22日

アメリカ、最低賃金の値上げによって起こる負の影響(2022年9月情報)

2022年9月、アメリカでは低賃金労働者に十分な生計を立てさせ、貧困から救い出すための政策として、国の最低賃金を時給15ドルまで引き上げようとしています。

これは貧困層の人々にとって歓迎されるべき政策です。

しかし合理的に聞こえるこの政策が、実は低賃金労働者を含めた、アメリカ一般国民すべての生活水準を下げる結果になりかねないという点を解説していきたいと思います。

  • 2022年9月21日

【住んで気づいたアメリカ・アリゾナの体験レポート】立ち退きモラトリウムの終了で、一気に増えたホームレス(2022年8月情報)

2022年8月、経済活動が盛り返しつつあるアメリカでは、雇用が増えているにもかかわらず、都市部を中心にホームレスの数が莫大に増えています。

インフレやコロナ禍でのストレスなど理由は色々と考えられますが、今回はホームレス増加の原因の一つとして挙げられている、立ち退きモラトリアムが終了したことについてお話しします。

  • 2022年9月13日

【住んで気づいたアメリカ・アリゾナの体験レポート】灼熱の都市フェニックスでエアコンが壊れると命にかかわります。(2022年8月情報)

アメリカで最も暑い都市の一つであるフェニックスですが、乾燥しているので暑くても意外に過ごしやすく暮らせます。でもそれはエアコンが正常に働いていてこそ。そこで今回は、灼熱のアリゾナでエアコンが故障したら、命の危険もあるということをお話ししたいと思います。

  • 2022年9月12日

アメリカ国内のガソリン価格の高騰と政府の対策(2022年7月情報)

ロシアのウクライナ侵攻が世界経済に悪影響を与え続けているなか、ここアメリカでもガソリン価格が1ガロンあたり約2ドルも上昇し、国民生活に深刻な打撃を与えています。政府も対応に全力をあげているようですが、大きな効果は出ていません。

しかしアメリカは世界最大の原油産出国、なぜガソリン価格がこんなに高騰するのでしょう。そこで今回は、ガソリン価格の高騰の原因と言われていること、それに対してアメリカ政府のこれからの対応をレポートしていきたいと思います。

  • 2022年9月8日

2022年アメリカ中間選挙まであと2か月。アメリカの様子は?(2022年9月情報)

2022年11月8日(火曜日)はアメリカの中間選挙です。(日本時間11月9日)

民主党のバイデン政権に対する評価が下される日であり、2024年の大統領選の行方を示す非常に重要な日になります。

そんな中間選挙まであと2か月となったアメリカでは、中間選挙を見据えて様々な事が起き始めてきました。

現地在住の日本人がアメリカの様子をまとめてご紹介します。

  • 2022年8月8日

【アメリカの政治と宗教は密接な関係】アメリカの宗教団体には税金がかかるの?(2022年8月情報)

日本の宗教法人は非課税と聞いたことがある人は多いと思います。

日本の法律では、お布施や固定資産、寄付などに対しては課税されないので、宗教法人はお金があるという印象を持っている人も多いでしょう。そのような宗教団体が政治に影響を及ぼすことも気になるところです。

日本にとって身近な国であるアメリカの場合はどうなのでしょうか?アメリカ在住の日本人が調べてみました。

  • 2022年7月26日

知っておきたい!アメリカの太陽光発電事情や政策、問題点(2022年7月情報)

アメリカでは脱炭素化に向けて太陽光発電の普及が本格的に始まっています。

2021年8月、アメリカのエネルギー省は「2035年までに総発電量の40%を太陽光発電が占める可能性がある」ことを発表しました。つまり、アメリカは太陽光発電を積極的に導入することに本腰を入れるという訳です。

アメリカで注目されている太陽光発電について、政策や現状、そして問題点など、日本人としても知っておきたいことをまとめました。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG