CATEGORY

コラム:テーマ「日本」

「日本」をテーマにしたコラム・情報ページです。日本が抱える社会問題や課題から、歴史・文化まで、公務員として日本で働くために知っておいた方がよいテーマをまとめています。

  • 2022年2月4日

【2021年「秋の褒章」】公共の仕事に従事した人などが受章する、「褒章」って何?

日本には社会的に活躍した人や団体にその功績を認められ国から与えられる「褒章」の制度があります。2021年の秋の褒章では、808人と22団体(紺綬褒章を除く)に褒章が授与されました。

褒章にはどのような種類があるのか、またどのような方々が受章するのか、ご紹介します。

  • 2021年12月9日

【津軽海峡って勝手に通れるの?!】中国とロシアの艦艇が同時に航行を初確認(2021年10月18日)

2021年10月18日、中国とロシアの艦艇合計10隻が、同時に日本の津軽海峡を通過したことが報道されました。中国とロシアの船が同時に津軽海峡を航行するが確認されたのは初めてのことであり、防衛省は両国の狙いを分析しているようです. そこで、そもそも津軽海峡を外国の船が勝手に通ることはできるのか調査しました。

  • 2021年11月4日

【うれしい謎!!新型コロナ激減】改めて振り返る2020年度(令和2年度)の国籍別入国者まとめ(2021年10月記事)

新型コロナウイルスについて、海外からの変異株の脅威に揺れ、緊急事態宣言発令となった2021年ですが、10月になって急減、原因はわからずとされています。

増えた際は、変異株の感染者が急増しているインドからの直行便を止めるなど「水際対策」を強化べきとの議論も起きていました。

今回は、あらためて、コロナ第6波にも備え、水際対策と、2020年の海外国籍別入国者のまとめてみました。

  • 2021年7月21日

【大腸菌がいっぱい?】世界的スポーツ大会(トライアスロン・マラソンスイミング)の東京湾会場の水質と行政の対応について(2021年7月21日情報)

2021年、いよいよ東京で始まろうとしている国際的なスポーツ大会ですが、その「トライアスロン」や「マラソンスイミング」が行われる予定の東京湾会場の水質汚染が問題となっています。東京都が行政として取り組んできた水質改善策も含めてご紹介します。

  • 2021年7月1日

国連憲章の「敵国条項」とは? - 戦後76年、日本はいまだに「敗戦国」のままなのか

第二次世界大戦が終結して、2021年の今年、日本は戦後76年目を迎えました。

しかし、国連(国際連合)が定めた国際連合憲章の条文には、未だに「第二次世界大戦中に連合国の敵国であった国」、つまり「敗戦国」に対する措置を規定した文言が残されていますのをご存じでしょうか?

これを「敵国条項」といいます。

本記事では、「敵国条項」をテーマに解説します。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG